Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自粛生活で飛距離20ヤードダウン!? 落ちた飛距離を取り戻せ! ゴルフ女子の最新メソッド挑戦記

配信

みんなのゴルフダイジェスト

長引いた自粛期間に飛距離が20ヤードも落ちてしまったゴルフ大好き新人ゴルフ記者・S子。落ちた飛距離を取り戻すべく、飛距離アップ請負人・吉田一尊の“最新メソッド“に挑戦!

こんにちは、新人記者S子です。みなさんはゴルフのお悩みというと、どんなことを思い浮かべますか? S子の悩みはズバリ“飛ばないこと“です。もともと飛ばないのに、長く続いたテレワーク&自粛生活のおかげでラウンドはもちろん練習にも行けてなかったので、さらに飛ばなくなってしまいました……。ちなみに飛距離は170ヤードくらいです。 目標はズバリ200ヤードなんですが、現段階ではカート道で跳ねない限り無理……と思っていたら、以前レッスンを受けた際にS子の飛距離を20ヤードも伸ばしてくれた“飛距離アップ請負人“こと吉田一尊プロが、新メソッドのモニターレッスン会を開催するという情報を入手しました! その後の自粛でその20ヤードはすっかり元どおりになってしまいましたが、新メソッドで再び飛距離は元どおり、いや、さらに伸ばしてもらえるでしょうか? 早速レッスン会場となった「横浜スポーツマンクラブ」へおじゃましてきました!

ではさっそく吉田プロに質問です。新メソッドとは、どのようなものですか? 「今までは、下半身と体をメインで使い、腕の動きは極力抑えましょうとレッスンしてきたんですが、新メソッドでは手の動きが加わってきます。ただ手だけを動かすのではなく、全身を動かすことで手が動く、その動かし方がポイントとなります。手と下半身の動きをリンクさせて飛距離が出て、体の負担も減る。それを『HRスウィング(高反発打法)』と名付けました」(吉田) HRスウィングってなんか名前からして飛びそうですね! ただ「手を使う=手打ち」と連想してしまいがち。具体的に手を使うとはどういうことなのでしょうか? 「先端に重りがついたヒモをイメージしてください。遠心力を働かせて重りをグルグル回そうとするとき、重り自体を動かそうとしても遠心力は働きません。手元を引っ張ることで、遠心力は働くんです。クラブも同じで、ヘッドを動かそうとしても遠心力は働きませんが、反対側の手元を引くことで生まれます。HRメソッドでは、この遠心力を働かせる、手元を引っ張る動きを重視しているんです」(吉田) 具体的には、テークバックでヘッドを動かすのではなく、手元を飛球線後方に「引く」動きで始動します。そうすると、不思議なことにそれだけでフェースがシャットになるんです!

【関連記事】