Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

清水エスパルスユース 岩下潤監督【前編】「どれだけ日常で貪欲に研ぎ澄まして本気になれるか」

配信

高校サッカードットコム

 2019シーズンは高校年代最高峰のリーグ、プレミアリーグ(EAST)では4位、Jユースカップとクラブ選手権は共に8強で終えた清水エスパルスユース。今季から同ユースの監督を務める岩下潤氏にお話を伺った。 【フォトギャラリー】清水エスパルスユース ――監督就任までの経緯を教えてください。  昨年末の契約更新面談時に話をもらい、就任する事になりました。私自身、選手時代・アカデミースタッフとして長い間エスパルスにお世話になってきたため、常にエスパルスの力になりたいと考えています。今年は多くのスタッフが配置換えとなり、エスパルスアカデミー全体・スタッフ個々の新たな取り組みを求められていると感じています。 ――ユースでの監督は初めてになりますが、ジュニアユースを指導されていた時と指導方法の違いはありますか?  エスパルスアカデミースタッフとして19年目になりますが、2002年と2007年にユースコーチを務めました。当時とは環境・立場も違うため日々の取り組みで感じた事をアップデートしていきたいと考えています。目の前の相手や試合に勝つための、日々の積み上げ・工夫・メンタルが個々を成長させると思います。それはどのカテゴリーでも同じなので、どれだけ日常で貪欲に研ぎ澄まして本気になれるかが勝負となり、ピッチ外での意識や行動もプレーに表れる事を強く伝えていきたいです。新たに始める事・変える必要のある事などを考えて行動に移す、周囲と同じ時間・同じ事をしているだけでは特別になれないという意識を徹底したいと思っています。 ――チームおよび選手の印象はどうでしょうか?  ほとんどがジュニアユース出身選手で、ユースチームの選手も元々グラウンドで顔を合わせていました。しかし、ジュニアユースはこれまでコーチが3年間持ち上がりで担当してきたため、直接ピッチで指導していない学年の選手も多いです。(段階的には)日々のトレーニングで個々の性格や現時点での能力を把握しているところです。学年によって雰囲気の違いは感じますが、全体的なプレー面での印象は、自分たちのペースや距離感でプレーできている時は、複数の選手が絡んでボールを動かす事が得意。その一方で、劣勢や流れが悪い時に修正する知識・技術・必要な声などがまだ足りていないと感じています。 ――後編では岩下潤監督の描くチーム作りについてお話を伺う。

【関連記事】