Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「俺の中ではもう走っちゃってるからね!」 手越祐也、突然の“相方募集”発表 リニアモーターカーばりの早さでプロジェクト始動させる

配信

ねとらぼ

 元NEWSの手越祐也さんが7月9日にYouTubeチャンネルに動画を投稿し、“相方”を募集するプロジェクトを発表。ネット上では「すすすすすごいこと考えましたね!」「伝説が始まる予感しかしない」などの声が寄せられ、1日で100万回再生を超えるなど話題を集めています。 【画像】280平米の新居で語る手越さん(他3枚)  ジャニーズ事務所を退所した手越さんは、独立してから初めてSNSを開設し「SNSってやっぱハンパねぇなって思うわけよ。遅咲きのSNSだからさ」とあらためて反響の大きさを実感したそう。SNSを使って、これまでできなかったプロジェトをやりたいと考えるようになったようで、「ひらめいちゃったのよ! これめっちゃいいじゃんってやつが」とSNSとの相性が良いアイデアが浮かんだことを明かしました。  18年間アイドルとして音楽活動をしてきた手越さんは、今後の活動をしていく中で「柱にはやっぱり歌をおきたい」という決意を念頭に、「手越祐也とともに、スターになろうぜ!」と新たなプロジェクトを発表。概要については「俺がみんなのスピーカーになって、みんなが愛を持って書いてくださった曲を歌う」と、プロやアマチュア問わず作詞作曲してくれる人を公募する考えを説明しており、「もっと言うとデビュー当初から、手越祐也を応援してくださっているファンの人って、俺の声質とかキーとか、今までの歴史を知っているわけじゃん」と、ファンが作った楽曲をリリースする可能性もあり得ることなどを報告しています。  同プロジェクトを「本格的に始動したいと思います!」と宣言した手越さんですが、突然の発表に「ついてこれるこれ?」と投げかけると、スタッフは苦笑。熱くなっている手越さんは「俺の周りの人間、誰も始まってないかもしれないけど、俺の中ではもう走っちゃってるからね!」「リニアモーターカーみたいな人間だけどさ、俺。まだ実走してないけど」と勢い止まらず。  ヒートアップした手越さんに、スタッフが「大丈夫? フライングしてない?」と心配するも、「フライングしようよ! フライングしてまだ周りが追い付いてないときに、前に行ったやつが夢をつかむんじゃん」と、「髪の毛が後退しているのではない。 私が前進しているのである」という名言にも似た熱弁をふるいました。もう誰にも止められない!  今後、手越さんはディナーショーやライブを開催していくために、10曲~15曲入りのアルバムを制作する予定とのこと。アルバムにはクレジットを載せることや印税による収入も支払うことも説明しました。応募期間は、7月9日に配信した同動画から1カ月を目安とするそうですが、「これやべぇな! と先に決まってしまった場合は、もう1週間とかで10曲! これでいきたい! っていう可能性があるから」「まぁまぁ、よろしくよ」と手越さんのペースで変動する可能性があることも語っています。リニアモーターカーのスピード感だからね。  さらに、手越さんが気に入った人と出会った場合、レコーディングへの参加やYouTube動画配信に出演の他、「手越がこれから作ったりしていくプロジェクトの一部に入ってもらって、一緒にスターを目指す。ガッチリ組むっていう可能性がある」などの展望も。なお、楽曲は募集フォームから応募可能となっています。  手越さんの“相方”募集に、ネット上では「すすすすすごいこと考えましたね!」「自分が作詞作曲した曲を聞いてくれているかもしれないってだけで夢あるな」「動画出すたび毎回ぶっ飛んでんの凄いな」「縛りがないからできることなんやろーな」「伝説が始まる予感しかしない」などの反響が寄せられていました。

ねとらぼ

【関連記事】