Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

豊島将之名人が52手目を封じ手 形勢互角で2日目へ/将棋・名人戦七番勝負

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 将棋の名人戦七番勝負第2局が6月18日、山形県天童市「天童ホテル」で行われ、初防衛を目指す豊島将之名人(竜王、30)が52手目を封じ、1日目が終了した。2日目は翌19日、午前9時からで、封じ手が開かれた後、挑戦者の渡辺明三冠(36)の手番で再開する。 【中継】将棋界の頂上決戦  第1局を渡辺三冠が勝利して迎えた第2局は、矢倉などが予想された中、先手の渡辺三冠は珍しく相掛かりを採用した。両者の対戦は過去に28回あり、豊島名人が11勝、渡辺三冠が17勝。  豊島名人はタイトル通算4期ながら、その全てが挑戦者として奪取したもの。過去2回の防衛戦(棋聖、王位)はいずれも失冠しており、今回が三度目の正直での防衛となるか。また渡辺三冠はタイトル通算25期を誇りながら、名人には初挑戦。この4月でプロデビューから丸20年を迎えたが、悲願達成なるか。  持ち時間は各9時間の2日制で、先手は渡辺三冠。1日目を終えた時点では、形勢は互角と見られている。 【封じ手時の残り持ち時間】 豊島将之名人 4時間48分(消費4時間12分) 渡辺明三冠 5時間9分(消費3時間51分)

【関連記事】