Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

富士そば、北海道初進出を現地ルポ。限定「スープカレー味」も食べてみた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
bizSPA!フレッシュ

 首都圏を中心に展開する立ち食いそばチェーン店「名代 富士そば」がまさかの北海道進出。札幌市にあるカフェラウンジ「TKPカフェテリア」とタッグを組んで、9月14日から10月末までコラボメニューを販売する。 ⇒【写真】オリジナリティ溢れすぎる…新宿区三光町店で限定販売された「富士金時そば」  異色のコラボの理由とは? オープン初日、現場を訪ねて関係者に話を聞いた。

我が道を進む「富士そば」

「名代 富士そば」は、ダイタンホールディングスが運営する立ち食いそばチェーン店。都内を中心に千葉県・神奈川県・埼玉県の一都三県で約130店舗を展開する。同じく首都圏に店舗展開する「小諸そば」や「ゆで太郎」と並ぶ「立ち食いそば三大チェーン」に数えられる。  創業は1966年。いち早く24時間営業や生そばを取り入れ、現代にも通ずる立ち食いそば屋の原型を築いてきた。2000年頃からは、テーブル席やカウンター席の設置を進めており、立ち食いできる店舗は数える程度しかない。  店主自慢の店舗限定メニューも魅力のひとつ。券売機を眺めると、盛りそばや天ぷらそばの隣に「ブイヤベース風そば」が平然と並んでいる、なんてことも。そのほか、イタリアンなアレンジの「蕎麦リアン」、宇治金時をイメージした「富士金時そば」など、二度見必至の創作そばの数々に常連客すら圧倒される。

札幌のカフェラウンジが「富士そば」に

 唯一無二の存在感を放ちながらも、首都圏での展開にとどまっていた「富士そば」がなんと北海道に進出。札幌市街地のTKP札幌ビル1階にあるカフェラウンジ「TKPカフェテリア」を利用して、期間限定の“フレキシブル店舗”を構える。  SNSを中心にした告知だったが、9月14日のオープン日には店頭で開店待ちする客の姿も。その先頭には東京から駆けつけた富士そばファンが陣取った。

シックなカフェが富士そば色に…

 通常の「富士そば」は食券制だが、フレキシブル店舗ではレジでオーダーするシステムに変更した。会計を前払いして、出来上がったら配膳スペースまで取りに行く。  メニュー表に並ぶ料理は13品。グランドメニューから「コロッケそば」(550円)、「紅生姜天そば」(630円)、「かつ丼」(600円)といった人気商品が厳選されている。通常価格よりも100~200円ほど割高なのは、東京から材料を配送する際のコストを上乗せしているためだ。  開店から30分後、気づけばテーブル30席の3分の2が埋まり、店内も活気づいてきた。「紅生姜天そばのお客様~!」「かけそば・ミニカレーセットのお客様~」。従業員の声が絶え間なく響き、シックな雰囲気だったカフェがどんどん富士そば色に染まっていく。

【関連記事】