Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前田敦子、母と癒着する「女のマザコン」のヤバさが勝地涼の“逃走”を招いたか

配信

週刊女性PRIME

「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。ライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。 【写真】勝地涼、元カノ・戸田恵梨香とラブラブ“腕組みデート”一部始終 第42回 前田敦子  元AKB48・前田敦子(以下、あっちゃん)と俳優・勝地涼が別居状態。『女性セブン』の報道には驚きましたが、記事を読んでみると、勝地はあっちゃんやお子さんと暮らす家とは別に“仕事部屋”を持っていて、そこで暮らしているそう。勝地は現在ドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系)の撮影中で不規則な生活を送っているでしょうから、別に暮らしているのかもしれません。もし本当に離婚をすることになったとしても、それでヤバい呼ばわりされる時代でもありません。  今回の別居とは別に、前からあっちゃんに感じていたヤバさについて書かせていただくことにします。

マザコンを公言していたあっちゃん

 2018年8月22日放送の『1周回って知らない話』(日本テレビ系)が、芸能事務所ホリプロに密着していました。ホリプロと言えば、石原さとみら人気芸能人を多く抱えていることで知られています。ホリプロの敏腕スカウトマンは、スカウトの条件の1つとして「両親と仲がいい子」をあげており、時代が変わったのだと思いました。  ホリプロには山口百恵さんという伝説の歌手がいましたが、自叙伝『蒼い時』(集英社文庫)によると、家庭環境は複雑で、経済的にもかなり苦しい生活を強いられていたそうです。百恵さんだけでなく、売れている芸能人で経済的な苦労や親との不和を経験している人は少なくありませんでした。しかし、厳しい芸能界を生き残るためにふんばりがきくという意味で、苦境やハングリー精神はむしろプラスに捉えられていたと思います。  しかし、いまどきの傷つきやすい若者に根性論は通用しません。特に芸能界は、事務所にスカウトされたからといって、すぐに人気者になれるほど甘い世界ではない。スターの原石が「もう頑張れない」と心折れないように、親と事務所が協力してスターにするのが得策だとスカウトマンたちは思ったのでしょうか。  ホリプロスカウトマンの言う「両親と仲がいいこと」にあっちゃんはあてはまり、特に、お母さんは大きな存在のようです。  2016年7月22日付の『Daily Sun NewYork』のインタビューを受けた独身時代のあっちゃんは、「私は実家の目と鼻の先に住んでいるので、しょっちゅう親と一緒にいますし、本当にマザコンですね」とお母さんが大好きであることを明かしています。その気持ちは結婚して母となっても変わらず、2019年5月12日のインスタグラムには、「母はいつでもフラットでいてくれるし。大丈夫だよって必ず言い切ってくれて、かっこいいんです。つい甘え過ぎちゃいます」と全幅の信頼を寄せているようです。

【関連記事】