Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

他人よりも仲良くしなければいけない。その思いが父親との関係を複雑化していた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。 「今再び一人ぼっちになってどんなに寂しい思いをしていても、両親の元に戻ろうとは思いません。父親と互いを意識しながら生活するのは無理だと思いますから」と語るのは、美代子さん(仮名・36歳)。彼女は都内でインバウンド向けのメディアを扱う企業に勤めていますが、現在は休職状態。しかし、給料の6割は保証されているそうで、貯金もありお金には不自由していないとのこと。副業は禁止されているため、時間を持て余してしまっていることだけが辛いと言います。

父親の印象は特になし。思い出すのは怒っている顔だけ

美代子さんは東京都出身で、両親との3人家族。小さい頃から母親は明るくていい意味で適当だった印象が残っていると語ります。 「母親は私が小さい頃から楽観的というか、明るい人でした。学校で友達とケンカしたことがあって、そのことを泣きながら母親に相談した時に、『明日謝ったら許してくれるでしょ』って一言をもらったことがあって。当時は確か小学校の低学年で、なんだ謝ればいいだけなんだと素直に受け入れたものの、今も記憶に残っているということはやっぱりどこかに違和感があったんでしょうね(苦笑)。その後も何度か学校のことを相談したことがあったと思うんですが、いつしか母親に言っても意味がないと学校の話をあまりしないようになっていましたから」 一方の父親のことを質問すると、覚えているのは中学生の頃からだと美代子さんは答えてくれました。 「家族で旅行に行ったこともありますし、お正月などは親族が集まっていた記憶も残っているんですが、父親のことはまったく覚えていないんです。元々専業主婦の母親に子育てを任せっきりで、口出ししてくるようなタイプでもなくて、さらに口数も多くなかったし。覚えているのは、小学生の頃からずっとピアノを習っていて、私はピアノが大好きだったから学校から帰ったら毎日練習していたのに、父親がいる週末は練習を禁止されていたことです。母親から『お父さんがお休みの日は静かにしておいて』と言われていました。普通の日だったら仕方ないにしても、発表会前でも許してはくれなくて。それなのにピアノの発表会は父親も来てくれるんです。この人は本当に来たくて来てるんじゃないんだろうなって、ずっと思っていました」 中学に入り、美代子さんは反抗期もあって両親とは顔を合わすことさえ嫌がっていたそう。高校に入り反抗期は落ち着きますが、仲が修復したのは母親とのみだったとか。 「中学になって一度何かで父親と口論になって、めちゃくちゃ怒られたことがあって。何で言い合いになったのかはまったく覚えていないんですけど、冷たい目で睨まれたことを覚えていますね。反抗期で当時は母親との仲も良くなかったから、家に帰るのか嫌で嫌で。親と顔を合わせたくなかったので、晩御飯も部屋で食べていましたね。反抗期が落ち着いてからは母親とは一緒に買い物を行く仲になりましたが、そのくらいにはもう家族で出かけることも無くなっていて、父親と何があったかなんてまったく覚えていません」

【関連記事】