Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

奈良県で遊ぶなら!奈良県の人気おでかけスポット5選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウォーカープラス

柿の葉寿司や奈良漬け、茶粥といったグルメはもちろん、東大寺、法隆寺といった歴史ある観光名所も豊富な奈良県。このほかにも、大自然を満喫できるおでかけスポットが多数ある。 【写真】生駒山上にあり、大阪、奈良が一望できる立地 今回はおでかけ情報サイト「ウォーカープラス」の持つアクセスデータから、奈良県で人気のおでかけスポット5選を紹介しよう(データは2020年4月1日時点のもの)。 ■天川村みのずみオートキャンプ場 みたらい渓流に隣接したオートキャンプ場。宿泊はもちろん、デイキャンプを楽しむこともできる。玉砂利のフラットなオートキャンプサイトのほかに、バンガローやコテージといった宿泊施設があり、水洗トイレ、シャワー室、炊事棟など設備も十分。車で約15分行けば、日帰り温泉施設も利用できる。レンタル用品はキャンプ用品やバーベキューコンロ、ダッチオーブンも用意されている。 また、キャンプ場横を流れる天の川の河原に直接降りられるので、釣りや川遊びも楽しめる。春は山菜とり、夏に川遊び、秋は紅葉観賞、冬は雪遊びなど、さまざまな体験ができる。 ■生駒山上遊園地 標高642メートルの生駒山上に位置する、親子3世代で楽しめるファミリー向けの遊園地。その立地から大阪や奈良が一望でき、晴れた日には遠く淡路島や明石海峡も眺められる。 「キッズドライブ」や「ぷかぷかパンダ」をはじめとした小さな子どもでも楽しめる乗り物、山上遊園地ならではの眺望が楽しめる「サイクルモノレール」や「チェーンタワー」「イーグルフライ」、ゴーカートやお化け屋敷など、27種類のアトラクションがそろう。大阪平野が一望できるビューレストランもあるので、大パノラマを楽しみ、爽やかな風を感じながら食事を楽しめる。 ■三郷町ウォーターパーク 体育館やトレーニング室を完備する三郷町スポーツセンター内にあり、手頃な料金で利用できるプール。通年営業の室内温水プールは12メートル・5コースで、健康作りのための水泳練習や水中ウォーキングに最適な施設だ。シャワー、ロッカー、用品販売、自販機など、設備が充実しているのも嬉しい。 夏季限定の屋外プールは、流水プールや25メートルプールのほか幼児プールを備え、2基のウォータースライダー(1人用・2人用)は子どもたちの人気を集めている。親子で楽しめるプールとなっており、シーズンには多くの親子連れで賑わう。 ■奈良公園 710年に飛鳥藤原宮から平城京に遷都、山城国長岡に移るまでの74年間、国政を司り天平文化が育まれた奈良。奈良公園は、奈良時代より続く歴史と豊かな自然に包まれた歴史公園だ。 広大な敷地には、東大寺や興福寺、春日大社、正倉院などの世界文化遺産や、江戸時代に造られた庭園や園地も隣接し、悠久の歴史を実感できる。天然記念物に指定されている野生のシカと戯れたり、夜になればライトアップされた寺社などを観賞することもできる。堂塔伽藍、芝生、鹿の群れなど、「大仏と緑と鹿」ともいわれる“古都の顔”な公園だ。 ■奈良健康ランド 子どもはレジャープール(期間限定)、大人は天然温泉や岩盤浴と、親子それぞれが楽しめる設備が充実している。レジャープールは屋内型のため、天候や日焼けの心配もなし。親子で遊べる屋内エア遊具テーマパーク「奈良わんぱくランド はしゃきッズ」も営業している。 ホテルも併設しており、宿泊はもちろん個室でゆっくり休憩することもできる。ほかにも、食事処やスパエリアを完備し、一時預かり可能な子どもの遊び場「すこやかハウス」がある。さまざまな施設が一堂に会し、親子それぞれが楽しめるので、ぜひ親子で訪れたいスポットだ。 時期によってアトラクションや展示内容が変更になる場合もあるので、事前にしっかりと確認を。何度でも訪れたい施設が豊富なので、今から予定を立てておこう。 ※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。 ※記事内の価格はすべて税込表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

【関連記事】