Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「撮休」シリーズ第2弾が竹内涼真主演で放送決定! 「少し力の抜けた自分もお届けできたら」

配信

ザテレビジョン

竹内涼真が主演を務める「WOWOWオリジナルドラマ 竹内涼真の撮休」が、2020年11月よりWOWOWプライムにて放送されることが明らかになった。 有村架純がソファーで“足ツン”、嫉妬姿に反響続々「優勝」「くっそ可愛いんだけど」<有村架純の撮休> 多忙な毎日を送る俳優は、ドラマや映画の撮影期間に突然訪れる休日(通称“撮休”)をどのように過ごすのか。そんな知られざる“オフの姿”にフォーカスし、クリエイターたちが妄想を膨らませて描いたドラマ「有村架純の撮休」。 2020年3月~5月にWOWOWで放送された同ドラマは、有村架純を主演に「架空の休日を描いた8つのストーリーを役者本人が演じる」という、これまでにないオムニバスドラマとして大きな話題に。 また、満島真之介、伊藤沙莉、柳楽優弥ら毎回異なる豪華なゲスト陣に加え、是枝裕和、今泉力哉、横浜聡子といった日本の映画・映像業界を牽引する面々が集結。独自の世界観がメディアからも高い評価を得た。 放送終了後、ドラマを見た視聴者から「シリーズ作品にして欲しい!」と熱烈な声が上がる中、このほど気鋭の監督・脚本家たちが描く異色ドラマの第2弾を制作することが決定した。 ■ 有村架純に続く“妄想撮休”の主役は竹内涼真! シリーズ第2弾となる本作の主演を務めるのは、ドラマ、映画と連動して映像化された「太陽は動かない」で諜報組織のエージェントを演じるなど、目覚ましい活躍を見せる竹内涼真。WOWOWドラマでは本作が初の主演となる。 監督を務めるのは、映画「ここは退屈迎えに来て」(2018年)、「余命1ヶ月の花嫁」(2009年)など数多くの作品を手掛け、“恋愛映画の名手”と言われる廣木隆一、ドラマ「全裸監督」(2019年、Netflix)などを演出した内田英治、そして現役の慶應義塾大生にして、映画、ドラマ、MVを手掛ける松本花奈の3人。 第1話の脚本を担当するのは、これがドラマ脚本初挑戦となる若手監督・脚本家の首藤凜。他にも、ドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」(2015年、テレビ東京系)の構成を手掛けた竹村武司や、前作に引き続き参加するペヤンヌマキ、ふじきみつ彦ら、個性的な脚本家たちが集結した。 彼らが紡ぎ出す物語は、ある時はスパイス屋でセクシーな女店主と出会い、ある時は妹と人生を語り合い、ある時は同級生とバーベキューをして…と、パラレルな物語として展開。人気クリエーターが作り上げていく8つの“妄想炸裂ストーリー”は必見だ。 ■ 主演・竹内涼真 コメント 前作の有村架純さんの時から、「俳優の撮休」というありそうでなかったこのテーマがすごく面白いなと思っていたので、第2弾をやらせていただけてとてもうれしいです。 今回は、監督や脚本家さんそれぞれのスタイルに僕が染まっていき、今までの役柄では見せてこなかった、少し力の抜けた自分みたいなものもお届けできたらと思っています。 また、自分でも気付けていないパーソナルな部分なども、監督とセッションする中で発見できそうな気がしていて、それも楽しみにしていることの一つです。 1話ごとのテーマ、台詞、シチュエーションが斬新で、自分でも脚本を読んでいて何度も笑ってしまいました。毎週、楽しみで仕方がなくなるような新しいエンターテインメントを見ていただけるよう、撮影頑張ります。 ■ 「竹内涼真の撮休」ストーリー とあるスパイスの店を訪れた撮休中の竹内涼真(本人)。「スパイスカレーを作 りたい」という竹内に、女性店主の薫はスパイスについて指南をする。 そして、あることがきっかけで二人は一緒にカレーを作ることに。そんな中、突然男性がその場にやって来て…。(第1話「薫るスパイスカレー」より) ■ 監督・廣木隆一 コメント 実際に役者さんが撮休に何をしてるのかはそんなに興味はないが、きっとリフレッシュするのに大変だと思う。実際とは違うこの作品の中で虚か実かの部分でどんな芝居を見せてくれるか、どんな世界を創造できるのかには監督としては実に興味深いものがあります。 最も素に近い竹内を出せるか一緒に挑戦していきたい。またいろんな役者さんとのコラボで違う竹内が見られるのも楽しみです。 ■ 監督・内田英治 コメント “撮休”という、とても専門用語的なワードがテーマとなっていることが“攻めてる企画感”があり、第2弾の話をいただいたときはぜひやりたいと思いました。 役者さんの日常を切り取るというドキュメントでありながら、しかしそれは娯楽でもある、さらにはかなりトンでてもよいという。そんな作品、楽しめずにはいられません。 竹内涼真さん、お会いした時は正直、考えていた以上の好感を抱きました(笑)。役者としての意識も強いし、新しい表現に飢えている前向きなイメージを持ちました。 とても魅力的な俳優だと思います。まだまだ隠れた魅力がたくさんありそう。今回の撮影ではそんないろんな顔を切り取っていきたいですね。 ■ 監督・松本花奈 コメント 小さい頃からよく「もし宇宙人がいたら?」「もしタイムスリップしたら?」など、「もし~だったら?」と妄想をすることが好きだったのですが、「もし竹内さんが突然撮休になったら?」という妄想は、きっとこれまでの中で一番ワクワクする妄想です。 竹内涼真さんが演じる竹内涼真、というなかなかない設定の竹内さんを、カメラに収められることに胸が高まっています。とても貴重な機会を頂けてありがたいです。竹内さんご自身の魅力はもちろん、竹内さんとご共演される方との間でどんな化学反応が生まれるかが、とても楽しみです。 家族の前でいる自分、友達の前でいる自分、恋人の前でいる自分、仕事の人の前でいる自分… 皆きっと、誰といるかで自分が多少なりとも変わると思いますが、同じくいろいろな人といる時の竹内さんから、竹内さんのいろいろな面を見せられたら、と思っています。その変化を楽しんでいただけたらうれしいです。(ザテレビジョン)

【関連記事】