Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

冷えや食べ過ぎによる不調に、アーユルヴェーダ的視点で選んだおすすめ3品

配信

webマガジン mi-mollet

こんにちは。 先日初めてオンラインイベントに挑戦しました。 自粛生活が長引く中で、お家にこもって仕事をしたり、時間が出来たことで天気の変化に敏感になったり……「あれ、これどこかで体験したことあるなぁ」と感じて、よく考えたらアーユルヴェーダの施設に一週間滞在した時の経験とかぶるところがありました。じゃあその時の経験をアレンジして、今の生活に取り入れられるのではないかな、と思ってまとめたのが今回の企画。 一時間半程度の時間でしたが、フォロワーのみなさんと有意義な時間が過ごせて楽しかったです。   アーユルヴェーダの基本に始まり、自然のリズムをうまく取り入れたライフスタイルや梅雨の時期のアーユルヴェーダ的な過ごし方、さらに体質別のおすすめ美容などをお話しました。 今日はそのイベントでも取り上げた、アーユルヴェーダの3つの視点で選んだおすすめのオーガニックコスメを紹介します。    

(1) VATA(風)【キーワード】保湿&あたため・油分補給

「アムリターラのヒマラヤ岩塩バスソルト」 乾燥や冷えなどを引き起こすVATAのエネルギーを整える視点でセレクトしたのがこちらのアイテム。最近の関東地方は5月にしては気温が低く、体も冷えがちですよね。冷えはVATAのエネルギーが上がり、それが過剰になると睡眠が不規則になったり、乾燥を感じたりすることがあります。梅雨の時期も近づいてきたし、低気圧の日が続いているので、ちょっと体が冷えるな……という日はぜひ参考にしてみてください。

 足の冷えや身体全体の疲れに効果的な、ミネラルたっぷりのお手頃な入浴剤。じんわり身体をあたためてくれるのでこれからの梅雨冷えの時期にも活躍しそう。硫黄の香りがしっかりするので、いま温泉巡りができない温泉好きの方にもおすすめなアイテム。  

(2) PITTA(火)【キーワード】クールダウン

「ネロリラボタニカのブルーコンセントレートアイクリーム」 「火」の要素を持つPITTAは文字通り「熱」がキーワード。日常の中では暑い日のけだるさや人とのヒートアップした口論などが連想されます。過剰になると身体面では炎症や目の充血、精神面では怒りなどにつながりやすいと言われています。

【関連記事】