Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

松浦悠士が差し切り決勝進出「どう戦うか考えます」/伊東:共同通信社杯

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

<伊東競輪場:共同通信社杯>G2◇12R S級準決勝◇20日  松浦悠士(広島)が差し切り、今節初白星を飾った。北日本、千葉、中四国、九州と単騎を選んだ鈴木竜士(東京)と、細切れ戦となった最後の準決勝。打鐘が鳴り島川将貴(徳島)が捲って主導権を握ると、最終周回で山崎賢人(長崎)が捲って先頭へ。その動きに合わせて松浦が番手捲りで山崎のマークに切り替えると、鈴木をブロックしながら最後の直線で差し切った。 【動画】松浦悠士が差し切って勝利を飾った12R  人気の松浦が1着ながら、人気を落としていた岩本俊介(千葉)が3着に入ったことで、2連単は6番人気の1-2、1560円。3連単は50番人気の1-2-4、1万4190円と高配当になった。  ようやく白星をあげた松浦は、「やっと1着取れました。山崎(賢人)くんに島川(将貴)くんが締められたので、あそこで待っていると僕も叩かれてしまうので前に行かせてもらった。山崎くんの番手を死守して、ゴール勝負だと思っていた。2日間自力で(脚に)ダメージがあったが、(先行した)島川くんのおかげで勝てた。(決勝は)あまり自信はない。今回は新田(祐大)さんがかなりフォームを改善しているし、脇本(雄太)さんだけでなく、九州も4人いるので強敵。どう戦うか考えます」と決勝への意気込みを語った。 (ABEMA/競輪・オートレースチャンネルより)

【関連記事】