Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【J1採点&寸評】浦和1-0鹿島|華麗なヒール弾を見せたブラジル人MFが“主役”に!鹿島で唯一の及第点は…

配信

SOCCER DIGEST Web

浦和――今季初出場のエヴェルトンがこの日の主役に

[J1第4節]浦和1-0鹿島/7月12日/埼玉 【チーム採点・寸評】 浦和 6.5 ビッグチャンスは多くなかったが、セットプレーで確実に先制点を奪取。終盤には相手に猛攻を受けるも、焦らず逃げ切った。 【J1第4節PHOTO】浦和1-0鹿島|エヴェルトンの“技あり”ヒールキックが決勝点!浦和が鹿島を下す!! 【浦和|採点・寸評】 GK 1 西川周作 6.5 ピンチ自体が少なかったのは、最後まで集中を切らさずに声を張り上げ守備陣をまとめた守護神がいたから。今季2試合目のクリーンシート。 DF 6 山中亮輔 6.5 GKとDFの間を突く弾丸ライナークロスでビッグチャンスを創出。先制点はこのレフティの絶妙なFKから生まれた。 20 トーマス・デン 6.5 押し込まれた終盤には上田に競り負けるシーンはあったが、ほとんどの時間で安定していた。完封勝利に大きく貢献。 27 橋岡大樹 6.5 空中戦の強さは目を見張るレベル。攻撃ではつなぎ役として、守備ではブロッカーとして働いた。また38分のレオナルドへのクロスは的確だった。 31 岩波拓也 6 28分の不用意なパスミスはいただけなかったものの、対人戦は安心して見ていられた。先制点につながる折り返しは素晴らしかった。 MF 7 長澤和輝 6 攻撃となれば相手ゴール前に飛び出して得点を狙い、守備となれば自陣深くまで下がり身体を張った。豊富な運動量は称賛に値。 MAN OF THE MATCH 8 エヴェルトン 7(73分OUT) 今季初出場すると、FKの折り返しを華麗なヒールショットでゴールに流し込み、先制ゴールを奪取。値千金の活躍で、この日の主役に。 16 青木拓矢 6 長短のパスを巧みに織り交ぜながら中盤でボールを捌き攻撃のリズムを構築。18分に興梠へとつないだパスは絶妙だった。 24 汰木康也 6(57分OUT) 序盤から積極的にドリブルを仕掛けたが、16分に足首を痛めてからややキレを失った。それでも52分にはFKを獲得し、仕事を果たす。

【関連記事】