Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

1カ月半ぶりに全校児童が登校 先生「両手を広げてTT兄弟」と距離を保つ指導 静岡市

配信

静岡朝日テレビ

 公立小中学校や県立高校などで学校が再開されました。新型コロナウイルス対策を進めながら、学校生活を送る新たなスタートです。 中野結香アナ:「マスク姿の児童たちが元気にあいさつをしながら、次々に登校してきます。きょうから新しい生活様式での学校生活が始まろうとしています」  静岡市の伝馬町小学校も通常授業を再開しました。先週までは週2回、出席番号ごとに児童の登校日を分散させていて、全校児童がそろうのは1カ月半ぶりです。 女児:「みんなで外で遊んだり、教室の中でしゃべったり、いろいろしたい」  学校に着くと早速、友達と運動場に向かう子どももいました。 男児:「みんなで遊びたいし、勉強もしたい」  先生たちも、再開を心待ちにしていました。ただ、教育現場には感染予防と学校生活の両立という難しいテーマが課せられています。  先生は両手を広げて、距離を保つよう教えていました。 先生:「”て”は手を上げて、TT兄弟。お隣さんとぶつからないように机は広げてあります」  1時間目の授業では小学校名の「てんま」にちなんだ対策を呼びかけました。  政府がまとめた新しい生活様式では、子ども同士が一定の距離を保って授業を受けることや、休み時間も体が接触する遊びや私語を控えることが提案されています。学校生活には工夫が求められ、長期間の休校による学習の遅れも挽回しなければなりません。これまでにない難題に市の教育委員会も手探りの状態です。 静岡市教育委員会 漆畑浩明指導主事:「夏休みを例年より短くして授業を行いながら、家庭学習をご家庭の協力を得ながら力を入れて、短くなってしまった分の遅れがないように対応していきたいと考えています」