Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

DJ後藤まりこの叫びは、現在の空気をどう揺らしたのか?

配信

Rolling Stone Japan

DJ後藤まりこが2020年2月29日(土)、5年ぶりにリリースした新アルバム『ゲンズブールに愛されて』のレコ発ツアー〈Je t’aime, mon amour Tour 2020〉の東京公演を渋谷WWWにて開催した。本記事では、渋谷の地下で熱狂の渦を巻き起こしたライブの様子をレポートする。なお、本公演はYouTubeで生配信された。 写真97点:もっとライブ写真を見る 鬱々とした空気が日本に広がっている。2020年2月29日(土)、日本ではコロナウイルスが漠然とした不安とともに蔓延。さらに追い討ちをかけるように、人に希望を見せるはずのライブやイベントが中止に追いやられている。そんな空気の中、開催された本公演。「不要不急の外出は避けろ」という政府からのお達しもあり、希望者を対象にチケットの払い戻しは受け付けられた。しかし、それでも来場の必要に駆られた多数の観客が渋谷WWWを埋めた。 DJ後藤まりこは、「生」を体現するアーティストである。時には、ステージのセットから飛び降り死にそうになりながら、生の限りを尽くし叫んできた。今日はその叫びがこの空気をどう揺らすのか、期待に胸を膨らませ開演を待った。

風船や紙吹雪まで飛び交う熱狂の会場

18時10分、待ちきれぬ観客から「DJ!」コールが巻き起こる中、客電が落ちると、新アルバムの1曲目「Loved by Gainsbourg.」を思わせるSEが流れ、後藤が登場。「DJ後藤まりこです。よろしくお願いします! 渋谷WWW遊びましょう!」と告げると「真冬の甲子園」へ。バイオレンスなビートの上で叫ぶ彼女。観客前の柵上に立つとそのままダイブでフロア中段へ。会場には風船や紙吹雪まで飛び交い、熱狂が轟々と渦巻き始めた。 この日のライブは、彼女の中でも演出に特化したライブだったように感じた。常に、ステージを写した映像と様々なイメージが歪んだミックスで混ざり合うVJが流れ、ゲストのみてぃふぉとセイちゃんの2人が後藤の横でコールアンドレスポンスのフリップなどを持ちながら観客を煽る。後藤の破壊衝動を見せつけて進むだけではなく、様々な演出を組み合わせてメッセージを体現する素晴らしいステージだった。 そこから、「ONIGOROSHI」、「LSD」と進むに連れて観客の興奮度はさらにヒートアップ。「あなた方、そしてカメラの前のあなた方の全部、全部……」と言って始めたのは、アルバムの中では最初にできた原的な初期衝動による楽曲「Breeeeeak out!!!!!」。爆発的なエネルギーで会場が燃え上がる。そこから畳み掛けるように「畳 so good!!!!!」へと繋がるとフロアはもうぐちゃぐちゃだ。 曲を終えると、ヒートアップした観客間で喧嘩が勃発。後藤は、それを収めながら「愛してるよ」と優しく告げ、笑ってMCをしていた。「いろんな大人が居ますね」とアコースティックギターを手に取り、「replay ATAMI」のコードで即興の弾き語りを始めると、ようやく平和なムードに落ち着く。後藤も「こんな時だからみなさま、助け合っていきましょう」と締めた。会場にたどり着いた1人1人を誰も置き去りにしない。この日は特に、そのような意識があったのではないだろうか。 続く「四畳半箪笥ダンス」では、客の肩の上に立つ彼女。「愛の重さは心地いいですか。僕の重さは愛しいですか」と投げかける。生は愛しい重さを持っている。生と生のぶつかり合いを超えて、観客はさらに熱量を増していく。 フロアが狂乱する高速ビートの「heaven」から、後藤が「子供のままで聴いてください」と告げると「ねばーえんでぃんぐすとーり」へ。バックのVJでは、映像制作チーム「にんクリ」が作成したアニメーションMVも流れ、気がつけばライブも終盤。「僕は絶対誰にも殺されへんぞ」。そう言って始めた本編最後の曲は、アルバムのラスト曲「おばけ」だった。

【関連記事】