Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トヨタ、「不況抵抗力」を発揮 コロナ禍の4~6月期決算 販売半減も黒字確保 通期最終利益7300億円へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中部経済新聞

 トヨタ自動車が新型コロナウイルス感染拡大の影響から着実に正常化へ向かっている。6日発表した2020年4~6月期連結決算(国際会計基準)はコロナ禍で販売台数半減を余儀なくされたが、経費低減や原価改善努力で営業利益段階から黒字を確保。21年3月期通期は未定だった最終利益を7300億円の黒字と予想した。「不況抵抗力を発揮した」と東海東京調査センターの杉浦誠司シニアアナリスト。足元ではコロナ第2波が懸念されているが、コロナ禍以後も見据えた体質強化を継続し、日本経済を力強くリードする構えだ。

【関連記事】