Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナの影響で雇用情勢も悪化 静岡労働局

配信

静岡朝日テレビ

 県内の雇用情勢は新型コロナウイルスの影響もあり、有効求人倍率が低迷する厳しい状況となっています。  静岡労働局の発表によりますと、4月の県内の有効求人倍率は1.17倍と前の月を0.05ポイント下回る低い水準となりました。有効求人倍率が1・1倍台となるのは56ヵ月ぶりで、全国値1.32倍を13ヵ月連続で下回っています。  産業別の新規求人数では、「宿泊業、飲食サービス業」で、前年の同月比56.2%減少と新型コロナウイルスの影響を強く受けているようです。  静岡労働局では2月から特別相談窓口を開設し、雇用、労働に関する相談を受け付けています。