Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『エール』で俳優デビューの坪根悠仁が、窪田正孝と交わしたジュノントーク

配信

週刊女性PRIME

「撮影はとにかく緊張しました。ジュノンボーイのときと比べてですか? 言いにくいのですが、断然、朝ドラです(笑)。 【写真】坪根悠仁『エール』の収録現場にドキドキ密着撮!  コンテストのときは、わりと緊張よりも楽しさのほうが勝っていたんです。でも、『エール』は決まったときからずっと緊張とプレッシャーがあって。撮影前日にセットを見学したり、みなさんの演技を拝見したのですが、“大丈夫か、自分”って一瞬、思考が停止しました(笑)」  そう語るのは、’18年に『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』でフォトジェニック賞&明色美顔ボーイ賞をW受賞した坪根悠仁。甘いマスクでこれからの活躍が期待される彼が、連続テレビ小説『エール』で俳優デビューする。

窪田正孝と“ジュノンボーイ”トーク

 演じるのは、今週登場する『帝都ラジオ』の会長を父に持つ青年・寅田熊次郎。主人公の裕一(窪田正孝)が所属する『コロンブスレコード』の新人歌手オーディションに参加する。同じく応募してきた久志(山崎育三郎)らとひとつの合格枠をめぐり火花を散らすライバルだ。 「歌うのは昔から好きで、中学時代はバンドをやったり、高校では軽音部でギターを弾いて歌っていました。ただ今回、『東京ラプソディ』という曲を歌わせていただいたんですが、すごく難しかったです。  昔の曲自体、あまり聴いたことなかったですし、リズムや歌い方とかがいまの曲とは違うんです。なので、楽譜をいただいてから1か月くらい、ほかの音楽は一切聴かずひたすら練習しました。まだ完成した映像は見ていないので、オンエアが今からドキドキです(笑)」  現場ではこんなエピソードも。 「初めての現場で緊張していたら、窪田さんが“役、合ってるね”って声をかけてくださって。そのひと言で緊張がほぐれました。あと、窪田さんもジュノンボーイを受けられたことがあるそうで、その話題で盛り上がりました。ただ、あまりみなさんとお話しできていないのが後悔というか。次は、頑張って話しかけたいと思います」

【関連記事】