Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

立川志らくが金崎夢生選手を擁護「仮にJリーグの開幕が遅れたとしても、責めるべきではない」…新型コロナ感染に

配信

スポーツ報知

 TBS系情報番組「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)は3日、新型コロナについて特集し、Jリーグ・名古屋の金崎夢生選手が新型コロナに感染したことを取り上げた。  コメンテーターの落語家の立川志らく(56)は「金崎選手が別にコロナにかかったからと言って、仮にこれでJリーグの開幕(再開)が遅れたとしても、この方を責めるべきではない。ただ、一緒に練習していたというところが、今後広がる可能性が無いとは言えないので、その辺は心配ですね。徹底的に調べて万全の体制を整えてほしいですね」とした。  元NHKアナウンサーの石澤典夫氏(67)は「それまでさんざんご本人も会社も、注意に注意を重ねて対策を取ってきているはずなんです。にもかかわらず、なるわけでしょう? このことは我々一般レベルでも、注意してしすぎることはないんだと、少しずつ収束はしているんだろうけど、やっぱり基本的な手洗い、うがいはまめにやっていくんだと、そういうところを学ぶしかないのかな」と語った。  国際弁護士の八代英輝氏(55)は、PCR検査が思うように受けられないことの問題を指摘した上で「金崎選手の容態が心配。ファンとしては、容態が一番気になるところですよね」とした。

報知新聞社

【関連記事】