Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

実はいろいろある「偵察」のお仕事 なぜ偵察用車両で射撃競技会? 陸上自衛隊の場合

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
乗りものニュース

偵察部隊の射撃競技会…何のための「射撃」?

 2020年8月6日、陸上自衛隊の北海道大演習場において、東千歳駐屯地(北海道千歳市)の第7師団第7偵察隊が主催する「偵察部隊合同訓練」が行われました。第7師団隷下の偵察部隊のほか、北部方面隊に所属する各師団旅団の偵察隊や、ゲストとして駒門駐屯地(静岡県御殿場市)から機甲教導連隊の偵察小隊も参加してのものです。 【写真】思ったより大きい? 小さい? RCVの25mm機関砲弾  この合同訓練の一環として、射撃競技会も行われました。使用された装備は87式偵察警戒車、通称「RCV」で、これに搭載された機関砲によるものです。  RCVは全国の偵察部隊に配備されている偵察車で、車体は装甲化され防御力が高く、足回りは3軸6輪駆動でコンバットタイヤを装備し、最高100km/hで走ることができます。上述の射撃競技に使用されたのは主武装の25mm機関砲で、ほか7.62mm機関銃を搭載します。  一般的に「偵察」といえば、敵に発見されないよう姿を隠しながら、敵の情報を収集することをイメージするかと思われますが、なぜ偵察用車両にこうした武装が施され、また偵察部隊の競技会でその射撃技術を競うのでしょうか。

「偵察」といっても種類がある

 ひと言で「偵察」とはいいますが、陸上自衛隊においてその内容は、大きくわけて2種類あり、それぞれ「隠密偵察」「威力偵察」と呼称します。 「隠密偵察」とは先にふれたような、敵に見つからないようこっそりその情報を収集するという、いわゆる一般的な偵察のイメージと思われるものです。  その具体的な一例を挙げると、あらかじめ敵が出てきそうな位置に陣取り、偵察車などを草木で偽装し姿を隠した状態で、静かに敵の動向を探ります。この時、偵察する側は身動きをせず、数日間、同じ場所に留まる場合もあります。  敵拠点などがある程度分かっている場合には、静かに近寄り、遠くから監視することもあります。いずれにせよ「隠密偵察」では、緊急時を除いて射撃することはありません。あくまでも、こっそりと覗くだけです。

【関連記事】