Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鶴竜 8日から相撲を取る稽古 出稽古の提言も「関取衆だけとかなら…」

配信

デイリースポーツ

 「大相撲7月場所」(19日初日、両国国技館)  横綱鶴竜(34)=陸奥=が8日、成長株の弟弟子、幕内霧馬山(24)と三番稽古(同じ相手と続けて取る)を再開し、10番取って全勝と貫禄を見せた。 【写真】静かに獲物を狙うかのよう…すり足をする鶴竜  稽古後、電話での代表取材に応じ、「今日から相撲を取る稽古を始めた。それまでは胸を出したりとか。(相撲を取るのは)2カ月ぶりくらい。体的にはいい感じ。今日は手探りでやった。あとは稽古をしていけば、いい感じになると思う」と、感触を語った。  霧馬山との“初顔合わせ”。「力強さがあるし、これからもっとよくなってくれば上位にずっと居続けられると思う。一緒に稽古していけば、もっとよくなるんじゃないか。技術はまだまだもっと覚えていくことあるけど、これから稽古していけばもっとよくなる。稽古してても力を抜かずに精いっぱいやるところがいいなと思う。体勢が悪いと諦める人もいるけど、力を抜かないことが大事。まだまだ伸びしろはたくさんある」と評価した。  新型コロナウイルスの影響で出稽古が解禁されず、ぶっつけ本番の可能性もある。「そうなったらやるしかない。工夫して、稽古をしていきたい。出稽古をやらないというのは1回もない。やってみないと分からないけど不安はある」と言う。 場所まで、何とか数日でも出稽古を切望。関取が複数いる部屋と1人しかいない部屋では差も出てくる。「やっぱりそこですよね。ちょっと厳しいところもあると思う。(リスクは)ケガすることが1番じゃないか。あとはやっぱりいい相撲を取れるかどうかですね。観客がいないというのもね。部屋だけの稽古で本場所に臨むことが一回もないので。それが難しいところなのかなと思う。それでも精いっぱい、ベストを尽くすしかない」。  力士会会長としても訴え。「何人か、関取衆だけ稽古場にいるとか、そういう感じでできるんじゃないかと思うんだけど。やっぱり若い衆とかがいるとすごい人数になる。そこに見に来る人ととか取材とか、そういう人たちを一切入れずに関取だけとかならいけるんじゃないかなと思う」と話した。

【関連記事】