Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【西武】今井達也が突如崩壊…白星再び遠のく

配信

スポーツ報知

◆西武0―6オリックス(1日・メットライフ)  今季2試合目の先発となった西武・今井達也投手(22)が、6回途中を4安打5失点で降板した。  悪夢は6回に待っていた。両者無安打無得点で迎えた6回無死一塁。吉田正に投じたチェンジアップは右中間席へ着弾。この日、両チーム初安打となる1号2ランで先制点を献上した。  初回、先頭を味方の失策で出塁させるも、150キロ超えの直球を中心にカーブやチェンジアップなど、緩急自在にゴロの山を重ねた。4回には、3四球で2死満塁とするが、空振り三振でピンチをしのいでいただけに、6回の投球内容が悔やまれる。前回登板に続き、またも白星を逃した右腕は「じっくりボールを選びに来ているのが分かったので、割り切って勝負できなかった」と猛省した。

報知新聞社

【関連記事】