Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

革命はやがて戦争へ…西アジア「激動の1979年」を振り返る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

 世界の歴史の中で、ある特定の年に重要な出来事が集中して起こる、という場合があります。  1979年がそのひとつだと考えられるのですが、いったいどのようなことが起こったのでしょうか?  衝撃的で決定的な影響を持つ出来事を、西アジアにフォーカスして振り返ってみましょう。  

1月 イラン革命

 イランではパフレヴィー2世による権威主義体制が続いており、民主化を求める反政府派を、秘密警察などが弾圧していました。当時、国王政府は「白色革命」と呼ばれる近代化を進めていましたが、それは「アメリカ化」ともいえるもので、風俗業などイスラームの伝統に反する文化の流入は国民の反発を呼んでいました。  前年からの大規模な反政府運動は国王の亡命につながり、パフレヴィー朝が倒れますが、2月に帰国したホメイニー師を中心とした革命政権によってイラン=イスラーム共和国の成立が宣言されます。議会制民主主義は存続しましたが、議会や政府をホメイニー師らイスラーム法学者(ウラマー)が指導する、という独特の政治が生まれたのです。またこの政権は、反米反共を標榜して、米ソ2大超大国を敵に回しました。  また、11月には急進的な学生たちにより、テヘランのアメリカ大使館員人質事件が起こり、アメリカとイランとの関係は断絶しました。この状態は現在まで続いています。

3月 エジプト=イスラエル平和条約調印

  中東戦争で何度も殺し合ってきたエジプトとイスラエルが電撃的に和解しました。1978年、アメリカのカーター大統領が仲介者となってキャンプデービッド合意が成立し、79年に平和条約が調印されたのです。  エジプトのサダト大統領にとっては、第3次中東戦争で失ったシナイ半島の返還を、イスラエルのベギン首相にとっては、周囲をすべて敵に囲まれている中で、そのリーダーであるエジプトと平和条約を結ぶことによる安全保障の確保を意味していました。  しかし他のアラブ諸国にとってみれば、エジプトは「裏切り者」となったわけで、「反イスラエル」で利害が一致していたアラブの連帯が崩壊することになり、現在に続く中東情勢の混迷と、パレスチナ問題のさらなる複雑化の始まりともなりました。イスラエル側から見るならば、今年(2020年)のアラブ首長国連邦との国交樹立などの外交攻勢のスタートが、この平和条約締結であったと理解できます。  なお、エジプト国内でもイスラエルとの平和条約締結に反発する声は強く、サダト大統領は1981年に暗殺されてしまいます。

【関連記事】