Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ビーチの妖精・坂口佳穂。 昨季は新ペアで大躍進、その要因は?

配信

webスポルティーバ

坂口佳穂インタビュー(前編)  新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ビーチバレーボール界も国内外のすべてのトーナメントが中断されている。昨年、国内ツアー3勝、1-Star(※)ながらFIVB(国際バレーボール連盟)ワールドツアーでも初優勝を遂げて、今年はさらなるステップアップを目指していた坂口佳穂(24歳/マイナビ)にとっても、もどかしい状況にある。※Star=大会のグレード。5段階に分けられており、最も高い大会が5-Starで、最も低い大会が1-Star 【写真】「ビーチの妖精」坂口佳穂  ともあれ、このオフには例年どおり海外合宿を敢行し、入念な強化を図ってきた坂口。緊急事態宣言が発令される前に彼女を直撃し、まずは昨季の戦いぶりを振り返りつつ、新シーズン、そして来年の夏に向けての思いを語ってもらった――。 ――昨シーズンは、国内のマイナビジャパンビーチバレーボールツアーで3勝。最終戦となるツアーファイナルの優勝もあって、堂々のツアーポイントランキング1位でした。また、2019-2020 FIVBワールドツアー・テルアビブ大会(イスラエル/2019年11月)では初優勝も遂げました。新たに村上礼華選手(23歳/ダイキアクシス)とペアを組んだシーズンでもありましたが、あらためて振り返ってみての、率直な感想を聞かせてください。 「ワールドツアーもたくさん回って、とても大変なシーズンだったように思います。一昨年までは、経験豊富な選手とチームを組むことが多かったので、いかに自分がパートナーに頼ってきたのか、痛感させられたシーズンでもありました。  これまでは、先輩方にいろいろと教えてもらいながらやってきたのですが、もう誰も何も言ってくれません。(何か問題があれば)礼華も言ってはくれますが、(以前とは違うことを自覚して)『自分で、何でも気づかないといけないな』と思いました。

それで、いろいろと2人で試行錯誤してきたことが、ツアーファイナルやワールドツアーの優勝につながったと思っています。大変でしたが、少しずつでも課題をクリアできた1年だったかなと思います。  ツアーファイナルでは、不思議なのですが、勝ちにいくというより、『プレーを楽しもう!』という気持ちのほうが大きかったですね。(日本のトップチームがすべてそろった)難しい大会でしたが、あらゆることが吹っ切れて"落ちついていた"というのか。それでも、チームには勢いがあったように思います。1年かけてチームを作ってきた積み重ねが、最終戦に出たのではないでしょうか。  ワールドツアー初優勝も、とてもうれしい出来事でした。1-Starの大会だったので、表彰台には上がらないといけないとは思っていましたが、レベルが低いわけでもありませんでした。準決勝の相手は以前、ワールドツアー韓国大会(1-Star)の決勝で負けたロシアチームでしたが、今回はフルセットで勝つことができました。優勝と同時に、チームの成長も実感できた大会でした」 ――国内外で優勝という結果が伴ってきたのは、どういったところに要因があると思いますか? 「試合のなかで調子が落ちてしまっても、自分たちでしっかり修正できるようになったのかなと思います。そこは、技術的なこともありますが、精神的な部分もそうでした。状況が悪いなかで、パートナーへどういった声をかけるのかも大切ですから。  コーチからは『間違ってもいいから、自分たちで考えること、工夫すること』という点について、よく言われました。それができるようになってきたのかな、とは思います。

【関連記事】