Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【結婚式の服装選びで間違うな】フォーマルウェアに外しは禁物です!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FORZA STYLE

フォーマルウェアにハズしは不要。正しい知識が重要です

お待たせしました、お待たせし過ぎたかもしれません。昭和最後のエロ事師……。   Netflixの韓国ドラマ『愛の不時着』もサイコーですが、昭和生まれの僕としては、AV業界伝説の風雲児、村西とおる監督の姿を描いた『全裸監督』にはハマりました。奇しくも「エロ」を掲げた連載タイトルを名乗っている身としては、逆境をチャンスに変え、のし上げっていく様子は痛快そのもの。 「ナイスですね~!」「ファンタスティック!」。唐突な始まりですが、今回は干場プロデュースのフォーマルウェアのお話をさせていただきます。行きますよ、“プー”(ほら貝の音)。

アイテム
 テールコート/クラウディア スラックス/クラウディア シャツ/クラウディア ヴェスト/クラウディア ボウタイ/クラウディア カマーバンド/クラウディア ポケットチーフ /ムンガイ リング/フィクサー ソックス/グレン・クライド 靴/チーニー この春は残念なことに、コロナ禍で予定していた結婚式を挙げられなかったカップルが多かったと聞きます。テレビのニュースなどにもあったように、リモート結婚式という選択肢をとる人たちもいたようですが、開催を秋以降に延期するというケースがほとんどのよう。そりゃ、そうですよね。一世一代の晴れ舞台ですから、妥協やあきらめは禁物。きっと、僕だってそうします。 で、このような状況になるとは予想もしなかった昨年暮れ、舞い込んだのがウェディング業界大手のクラウディアから男性のフォーマルウェアをプロデュースして欲しいとの依頼でした。 聞くところによると、結婚式や披露宴は新婦主導で進められることが大半で、女性は自分が着たいドレスに明確なイメージをもっている一方、男性は会場や周りの人たちにすすめられるがままに決めてしまうことが多いとか。その結果、間違ったフォーマルスタイルで本番に臨む人も少なくないそうで……。 そこで、僕がこのプロジェクトを進めるにあたり、テーマに掲げたのが「Get back to basics!」でした。実のところ、フォーマルな場に余計な小細工は いりません。映画『007』シリーズのジェームズ・ボンド然り、『プリティ・ウーマン』のリチャード・ギア然り、男性は、常に女性を引き立てる王道のスタイルを極めるほうがずっとカッコいいと思うのです。 そのためには、最愛のパートナーが自信をもって輝けるように(恥ずかしい思いをさせないためにも)、正しい知識を身につけることも必要だし、そうした制約を楽しめる心の余裕もなくてはいけません。 ただ、ファッション業界人でもなく、日々忙しくて時間のないフツーの人たちに、そこまで求めるのは酷ですよね。そこで、僕がここから選べば間違いないというコレクションを用意しました。 タキシードやテイルコート(燕尾服)、モーニングコート、ディレクターズジャケットから、側章入りのスラックスやスタッズ付きのウィングカラーシャツ、ボウタイ、カマーバンドに至るまで、生地選びや仕立て、ディテールに徹底的にこだわり抜いて現代的にアレンジした20数着をラインナップしています。

【関連記事】