Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

フェンディが東京藝大とコラボ!特別公演を9月6日にストリーミング配信予定

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ハーパーズ バザー・オンライン

フェンディ(FENDI)が、日本を代表する芸術大学である東京藝術大学とともに、『フェンディ ルネサンス - アニマ・ムンディ(FENDI Renaissance-Anima Mundi)』と題した特別公演の日本編を、2020年9月6日にストリーミング配信する。 【写真】実はグラミー賞を受賞していない、伝説のアーティスト25組 新型コロナウイルスのパンデミックを経て、「アート、ファッション、そして音楽を通じた再生」というポジティブなメッセージを届けたいという強い想いから生まれた『フェンディ ルネサンス - アニマ・ムンディ』。メゾンの本拠地であるローマで行われた第1弾、中国・上海で行われた第2弾に続き、東京藝術大学とともに行う日本編は第3弾となる。

2013年に東京藝術大学大学美術館で開催したエキシビション「FENDI-UN ART AUTRE ~フェンディもうひとつのアート、クリエイションとイノベーションの軌跡~」以降、東京藝術大学への支援を継続的に行ってきたフェンディ。 今回は、東京藝術大学音楽学部の学生でヴァイオリン奏者の荒井里桜(Rio Arai)と、同大学出身でサクソフォン奏者の上野耕平(Kohei Ueno)をゲストに迎え、イタリア人作曲家ジョアキーノ・ロッシーニ(Gioachino Rossini)の『ウィリアム・テル序曲(William Tell Overture)』より第4部のフィナーレを演奏。2人はそれぞれフェンディの2020 年プレフォールコレクションのアイテムを着用し、演奏を披露する。 舞台となるのは、東京の渋谷スクランブルスクエアの展望施設「SHIBUYA SKY」と、GINZA SIXの屋上庭園「GINZA SIX GARDEN」。配信を前に公開された画像では、夕日が沈む幻想的な雰囲気のなかで演奏する2人の姿が捉えられている。 『フェンディ ルネサンス - アニマ・ムンディ』の日本編は、9月6日(日)16時(前後する可能性あり)より、フェンディ公式サイトおよび公式の各SNSチャンネル@fendiにて配信予定。なお、ローマ編、上海編に続き、配信後は日本編も継続的に公式サイトでの視聴が可能となる。 日本が誇る、才能ある2人のアーティストの演奏を聴くことができるまたとない機会を、ぜひお見逃しなく。

【関連記事】