Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

#stayhome で楽しみたい! セレーナ・ゴメス、おすすめホラー映画を紹介

配信

ELLEgirl

新型コロナウイルス感染症の拡大を抑えるためにセレブたちも外出を自粛中。セレーナ・ゴメスがおすすめ映画を紹介している。 セレブ界でもホラー映画好きとして有名なセレーナ。2017年にはホラー映画からインスピレーションを得て制作したという楽曲「フェティッシュ」のミュージックビデオをリリースしているほど。

そのセレーナが先週末、インスタグラムのライブでおすすめのホラー映画をリストアップ。「アップルTV」で購入した67本(!)のホラー映画の一部を紹介している。セレーナはまず「『The Hunt』ね。これは本当に本当にいい映画」と絶賛。2020年のクレイグ・ゾベル監督の作品を紹介している。残念ながら日本ではまだ公開されていないので、見られるチャンスがくるのを待ちたいところ。

「それから順不同に『デイ・オブ・ザ・デッド』、『フローズン』、『へレディタリー/継承』、『Haunt(原題)』、『アニマルズ 愛のケダモノ』ね。『アニマルズ~』はオーストラリアの映画。オーストラリアのみんな、大好きよ」。セレーナはさらに『レディ・オア・ノット』『Sweetheart(原題)』 『アメリカン・アニマルズ』『アリス・クリードの失踪』『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』とホラーだけにとどまらず、ミステリーやサスペンス映画のタイトルを次々紹介。「ちなみに『インシディアス』も見てる。『REVENGE リベンジ』はもう一歩先を行っているわね。見ている人もいると思うけれど、これは本当に素晴らしい映画。マチルダ・ルッツが出ていて、コレリー・ファルジャという女性が監督しているの。彼女は最高よ」と大絶賛。「もちろん『エスター』も見てるわよ」。

このラインナップを見てみると、本当にセレーナがホラーやサスペンス映画を愛していることがよくわかる! 日本では未公開のものもあるけれど、多くの作品を配信サービスやDVDで見ることができる。少しバイオレンスなものや残酷な描写を含む作品があるものの、ゴールデンウィークにセレーナおすすめのラインナップを制覇するのはいかが? これまで知らなかったセレーナの一面がわかるかも!

【関連記事】