Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「伝説のキャプテン」廣瀬俊朗。「ONE TEAM」の礎を築いた「新時代のリーダー論」とは?

配信

REAL SPORTS

ラグビーワールドカップ2019の快進撃は流行語にもなった「ONE TEAM」抜きにはなし得なかった。開催国、4年前の“奇跡”の再演への期待、さまざまなプレッシャーに打ち勝てたのは、ラグビー日本代表に脈々と受け継がれた“キャプテンシー”の存在があった。今大会、圧倒的な存在感でチームを鼓舞し続けたリーチ・マイケルも頼った元日本代表“伝説のキャプテン”、廣瀬俊朗氏にリーダーシップ、キャプテンシーについて聞いた。 (インタビュー・構成=大塚一樹[REAL SPORT編集部]、撮影=末永裕樹)

ラグビー出身者が経営者としても優秀な理由は自己肯定感?

――ラグビーワールドカップが生んだブーム、廣瀬さん自身もドラマ出演、アンバサダー、解説者としてのメディア露出が増え、注目度が一気に上がりました。環境の変化に戸惑ったのではないですか? 廣瀬:選手時代にも街を歩いていて声をかけられることはありましたけど、2019年はちょっと異常でしたね。外で一人でご飯を食べるのも難しいし、そういう環境にはなかなか慣れなかったですね。選手をやめて3年くらいすると、あんまり声もかけられなくなるんですよ。それに慣れかけていた、自分が一般人になったと思っていたところで、こうなってしまったので、なおさら戸惑うところはありました。でも、こういう経験は誰もができることじゃないし、めったにあることじゃないと友人に言われて、いい経験ができているなと思うようにしました。 ――選手たちもメディア露出が一気に増えました。日本では選手がメディアに頻繁に出るようになると「本業をおろそかにしている」という批判が起きがちですが、ラグビー選手たちは不思議とそういう雰囲気を感じません。 廣瀬:そうですね。選手たちが浮き足立っているということはないと思います。調子に乗ったり勘違いしたりというのは大丈夫だと思います。それより、注目度が桁違いに高まるなかで、運営面とか周囲の環境の方が大丈夫かなという心配はありますね。 ――ラグビー選手の落ち着いた対応を見ていても感じるものがあるのですが、ラグビー界からは伝統的に優秀なビジネスパーソン、経営者が生まれているというのをよく聞きます。 廣瀬:多いですね。 ――何か秘密みたいなものがあるのでしょうか? 廣瀬:ラグビーっていろんなポジションがあって、それぞれがそれぞれの役割を担って初めて良いラグビーができるようになるんです。ビジネスも同じで、マーケティングの人がいて、企画の人がいて、開発して製品を作ってって役割がありますよね。ラグビーをプレーしていると自然とそういうことが疑似体験じゃないけど、身に付いていくのかなとは思いますね。それと、これもポジションや役割と関係しているんですけど、ラグビーは自分の“ありのままの良さ”をいかせるスポーツなんです。僕はラグビー選手としては小さい方ですけど、スタンドオフというポジションだったので、体の大きさはあんまり関係ありませんでした。どんな人でもありのままの自分で活躍できる場所があるって、すごく自己肯定感を生むんですよ。それがやる気にもつながりますし、人との違いをそのまま受け入れやすい。だからみんな明るいし、「ええやん、ええやん」って褒め合うみたいな空気感があるんです。 ――自己肯定感の高さが人間的な成長につながるということはありますよね。ラグビーをやっている、いないにかかわらず、経営者の方でラグビーが好きな人も多いですよね。 廣瀬:そうなんですよね。ラグビーが熱いスポーツというのもありますし、会社に近いところがあるというのもあるのかなと思います。一つのボールをつないでみんなでトライを目指すところとか、「One for all, All for one」とか。 ――廣瀬さん自身も引退を機に経営学を学び、MBAを取得しています。セカンドキャリアとして経営をというのは現役時代からあったんですか? 廣瀬:ある程度の方向性はありました。引退したときはラグビーはやりきった感覚があったので、いままでやれなかったことをやりたいなというのもありました。ラグビーをやっていると、経営者の方にお会いする機会が結構多いんです。現役時代の自分は、そういう人にお会いしてもラグビーの話しかできなかった。もっといろいろな話、その人が専門しているビジネスの話ができればなあと思っていたので、経営学を学ぼうと。自分としては次世代に向けての一つのロールモデルになりたいなという思いもあって、ラグビー以外の道として「ビジネスで成功する」という道筋を示したいというのはありました。

【関連記事】