Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三浦泰年が選ぶJ歴代最強チーム「団結力のあるエスパルスの上には、いつもヴェルディがいた」

配信

SOCCER DIGEST Web

「強いだけでなく“美しく、闘える”」

 5月28日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代最強チーム」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“歴代で最強だと思う3チーム”を選んでもらっている。ここでは、現役時代は“熱い”プレーで観衆を沸かし、監督としては北九州や鹿児島で手腕を発揮した三浦泰年氏の“最強チームトップ3”を紹介しよう。 【PHOTO】「Jリーグ歴代最強チーム」はどれだ!?|1993年ヴェルディ川崎の特選フォトはこちら! ――◆――◆―― 「三浦泰年氏が選ぶ“最強チームトップ3”」 1位:1993年のヴェルディ川崎 2位:1993年(ニコスシリーズ)の清水エスパルス 3位:2005年のジェフユナイテッド千葉  今のJリーグがあるのも、この93年のヴェルディがあってのことであろう。  カズ(三浦知良)は、個人で決め切る力や、ドリブルからフィニッシュまでの美しさなど、その素晴らしい技巧で日本のサッカーを変えていった。  その他でも、絶対的な存在感を放ったラモス瑠偉、高いキープ力と非凡なゲームメイクを見せたビスマルク、フィニッシャーの武田修宏、ハードワークをこなす北澤豪らがエレガントさを演出すれば、守備の中心である柱谷哲二やペレイラらは、守るだけでなく、攻めの起点にもなる。  攻守にバランスが取れていて、強いだけでなく“美しく、闘える”。僕にとって堂々の1位であり、歴代最強に相応しいチームだと思う。  当時、僕は対戦相手としてその強さを知ることができたけど、僕が所属していた清水エスパルスが“万年2位”とか“シルバーコレクター”とか呼ばれたりもしたのは、僕らの上にはいつもヴェルディがいたからだ。  もっとも、エスパルスも団結力のある良いチームだった。特に、惜しくも2位に終わった93年のニコスシリーズでは、強かったと思う。エメルソン・レオン監督の下で鍛えられて、運動量を武器にハードワークして、勝負強くもあった。  澤登正朗や向島建ら地元で育ったサッカー小僧たちが静岡に戻ってきて、しっかりとしたテクニックを持つエドゥーやトニーニョらブラジル人選手たちと力を合わせ、ひとつになって戦う。なかでも、(長谷川)健太の存在は大きかったね。攻撃の最大のキーマンとして、常に相手に脅威を与えていた。

【関連記事】