Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リーマン・ショック時と同じか?豪ドルの「中長期的な上下限」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

豪ドルの「中長期的な上下限」を考える方法とは?

リーマン・ショック時と同じか?豪ドルの「中長期的な上下限」

幻冬舎ゴールドオンライン

外貨建ての運用商品のなかでも人気の高い「豪ドル」。3月の「コロナ・ショック」前後は一時暴落していたものの、その後急反発となり、8月中旬の時点ですでに年初来の高値までほぼ戻すところとなりました。マネックス・ユニバーシティFX学長の吉田恒氏は、豪ドルの長期的な為替リスクについて、「1豪ドル=50円は割れないものの、100円前後は高過ぎる懸念がある」と述べていますが、それは一体なぜなのでしょうか。前回は購買力平価との関係から解説しましたが、今回はリーマン・ショック時の「5年MA」との関係から、中長期的な上下限を推察してみましょう。当連載では、吉田恒氏が「様々な外貨の底値」について考えます。

本文:2,151文字

写真:3
  • 1豪ドル=100円から、ほんの3ヵ月で50円台への大暴落となった「オージー・ショック」(画像はイメージです/PIXTA)
  • [図表]豪ドル/円の5年MAからのかい離率 (1990年~) 出所」:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込165
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

吉田 恒