Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

親や高齢者と対話し、学ぶヒントに ある写真家の「有終写真」という取り組み

配信

オトナンサー

 高齢者が自分の表情や姿を撮影し、その写真に「大切な人に贈りたいメッセージ」を入れる「有終写真」という活動を行う女性がいます。大阪のフォトスタジオ「soramark」の代表でフォトグラファーの相葉幸子さんです。

親の「姿」と「言葉」を残す

 彼女はもともと、関西でのマタニティーフォト撮影の草分け的存在です。後に「家族の物語」をテーマに、妊娠中の写真や、誕生した赤ちゃんと一緒に撮った写真、子どもの成長とともに定期的に家族で撮る写真など、その時々のメッセージを入れた写真を残し続けていくサービスを提供。  さらに、5年ほど前から、高齢者を対象とした「有終写真」を始めたそうです。有終写真には、人生の「有終の美」へ向かっていく人の姿を、写真と言葉で残していくという意味が込められています。  相葉さんは撮影する相手をリラックスさせ、人となりが存分に引き出せるよう、さまざまな質問を投げ掛け、傾聴しながら撮影していくスタイルをとりますが、その様子を傍らで見ている子どもたちが、「親の話にいつも驚いている」といいます。子どもとしては、親のことを十分に知っているつもりだったのに、「そんなことを考えていたのか」「そんなことがあったのか」という意外な話が飛び出すからです。  1カ月前に奥さまを亡くした、80代男性の撮影時のこと。相葉さんが「どんな奥さまだったのですか?」と問うと、「厳しい嫁だったなー」から始まって、奥さまに対して我慢をしてきた思い出話がいくつか語られました。  一緒に来ていた息子さん夫婦が、全く知らなかった話に驚く一方で、お孫さんが「おじいちゃんは優しいけど、おばあちゃんは怖かった」と祖父に同調するなど、撮影中は3世代の会話で大盛り上がり。  最後に、写真に入れる「大切な人へのメッセージ」を尋ねると、「あの世にも届くかなあ」との言葉に「きっと届くよ」と一同しみじみとうなずき、考えに考えた末に「後はヨロシク」の一言だけで、それを見た家族も相葉さんも泣き笑いとなったそうです。  息子さん夫婦の泣き笑いはきっと、親の人生や今の心境に深く触れることができた感激からだったのだろうと想像します。

【関連記事】