Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヘンリー王子とメーガン妃、称号抜きでオンラインレセプションに出席

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ELLE ONLINE

毎年、雑誌US版『タイム』が発表する「世界で最も影響力のある100人」。選ばれた人々を称えるレセプションも合わせて行われるが、今年はコロナ禍の影響で通常の形式での開催は中止。代わりにオンラインでレセプションを実施、100人の顔ぶれを発表することになった。その様子はネットで配信、テレビ局「ABC」でも放送される。 このレセプションにヘンリー王子とメーガン妃が出席することが明らかになった。「タイム」の記事では「サセックス公爵夫妻」と称号付きで紹介されているが、ABCが制作したレセプションのCMではシンプルに「ハリー&メーガン」。称号はつけられていない。王室離脱発表後に出席したイベントでもヘンリー王子はニックネームのハリーと呼んでほしいと要求していた。今回のCMで称号が省略されたのも王子と妃の要望だったと見られている。ちなみにレセプションには他にサンドラ・オー、ジョン・レジェンドらが出席、ホールジーやザ・ウィークエンドがパフォーマンスすることが決定している。

最近ではNetflixと契約、番組の制作に携わっていくことが決定したヘンリー王子とメーガン妃。雑誌『USウィークリー』によると「この新しい仕事で自分たちの評判を立て直したいと思っている」という。世界中で注目を浴び影響力を発揮する2人だけれど、王室を離脱したことでイメージに傷がついたのも事実。「王子と妃は自分たちのブランドイメージを再構築しようと努めている」と関係者。「ヘンリー王子もメーガン妃と同様、ハリウッドで成功しようと決意している。王子は妃の創造性に刺激を受けている」「王子はいい目的のためにドキュメンタリーを作ることに集中している」とも。さらに制作に関わるだけではなく「王子自らカメラの前に登場するだろう」という証言も!  どうやら王子もすっかりショービズ界の人。「タイム」のレセプションではどんな2ショットを披露するのか注目が集まりそう。

【関連記事】