Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

シニア猫に立ちはだかる3つの壁とは? うちの猫と25年いっしょに暮らすためにすべきこと

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

シニア猫に立ちはだかる3つの“壁”

日本の飼い猫の平均寿命は伸びに伸びて、いまや約15歳。腎臓病の特効薬の登場などで、これからさらに伸びるのではないかと期待されている。 個体差はあるが、おおむね10歳頃から猫はシニアの年代へと入る。ここを通り過ぎると、身体の不調が目立ってくるのも人間と同じ。 もう少し細かく見ていくと、シニア猫には3つの“壁”があるという。そう説くのは、動物クリニックAKO HOLISTIC VET CAREの山内明子院長だ。山内院長は、獣医鍼灸師の資格を持つなど、東洋医学のアプローチでペットの診療にあたる気鋭の獣医師。初の著書として『うちの猫と25年いっしょに暮らせる本』を上梓しており、その中で3つの壁について次のように解説している。 まず、「第1の壁」。12~13歳で、吐く回数が増えたり、体にしこりができるなどして通院が増えてくる年代をさす。次の「第2の壁」は、15歳頃。体力が低下して腎臓や甲状腺のトラブルに見舞われる年頃であり、それを経た18歳頃に「第3の壁」がやってくる。人間でいえば90歳近くであり、認知症や歩行困難などにかかってもおかしくない高齢世代だ。 山内院長によれば、こうした3つの壁も「東洋医学の知識とケア」で乗り越えることが可能だという。 それには、どういったケアがあるのだろうか。本書から、その幾つかを紹介したい。

猫にも「ツボ」がある

東洋医学の重要な概念に経絡(けいらく)がある。これは、気や血(けつ)などの通り道を指し、経絡上には経穴、いわゆる「ツボ」がある。 山内院長によれば、猫にも数多くのツボがあり、ここを刺激することで体調不良や病気の改善をはかれるという。 例えば、いつも元気がなく食が細い「ぐったりタイプ」の猫に効くツボは、足三里(あしさんり)、腎兪(じんゆ)、気界(きかい)だそう。 足三里は両後ろ足の膝のくぼみの下、腎兪は背中の一番下の肋骨からわずか下、気界はへそから1cm下に位置するツボ。これらを刺激すると、元気回復が期待できるという。 よく「ツボ押し」といわれるが、猫のツボは押すのではなく、「指先でソフトにくるくる回す」ように触れるのが肝心。猫が気持ちよさそうにしているか確かめながら、1日2~3分刺激すればOK。

【関連記事】