Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スカスカ髪の密度を高めるケア 鍵はたんぱく質と油分

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日経ARIA

髪がうねるのは「頭皮のゆがみ」の他に「髪の粗しょう化」に原因が。今回は、ダメージでスカスカになった髪を補修し、髪の水分バランスを保つケアを紹介します。髪内部の密度を高め、うねり知らずのサラツヤ髪を目指しましょう。 【関連画像】ダメージを防ぎサラツヤにするヘアドライテク ・うねり毛・ペシャ髪の原因と美髪のためのケア方法 ・スカスカ髪の密度を高めるケア 鍵はたんぱく質と油分←今回はココ! ●スペシャルケアで髪密度をアップ  日中の髪のうねりをいかに抑えるか。湿度が高いこの時期は、粗しょう化した髪に湿気による余分な水分を吸収させないケアが必要だ。「髪表面を油膜でコーティングすることが髪の水分を一定に保つカギ」(松倉クリニック&メディカルスパの田路めぐみ医師)。  そこで田村さんがうねり対策のスペシャルケアとして薦めるのがオイルパック。「乾いた髪にヘアオイルをたっぷりなじませ、そのまま15分以上タオルを巻いておくだけ。オイル成分が浸透し、まとまりの良さやツヤ感が格段に高まる」(美髪アドバイザーの田村マナさん)。  週1回程度行うのがお薦めだが、まとまりの悪さが気になるときに、随時行ってもいい。  一方、毎日のケアとして欠かせないのは、たんぱく質や脂質などを補い、髪密度を高めるトリートメント。「頭皮がベタつくから使いたくない」という人は、毛先中心になじませて根元につかないようにするといい。さらに最近では、傷んだ部分を集中的に補修する処方がされているトリートメント剤も登場している。「髪の表面だけでなく、髪の内部からもケアすることで毛髪自体が強くなり、より扱いやすい髪に近づく」(クラシエホームプロダクツ ヘアケアマーケティング部の久保田いづみさん)。  「髪粗しょう」を悪化させないよう、ダメージから髪を守ることももちろん大切。  「デイリーケアではドライヤーの熱に要注意。最近は、熱による髪ダメージを抑え、仕上がりの違いを実感できる高性能のドライヤーも増えてきている」(田村さん)。これからの季節、頭皮や髪の紫外線対策も忘れずに行おう。

【関連記事】