Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

終始攻撃の手を緩めなかった立教池袋が2-0で完封勝利

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

 9月5日に開幕した第99回全国高校サッカー選手権大会東京都予選1回戦も終盤に入り、12日に行われた第2地区1回戦、立教池袋対筑波大附は前半7分立教池袋FW19大西祐輝、後半4分に途中交替出場の立教池袋FW8平澤悠太郎の追加点で2-0で完封勝利し2回戦進出を決めた。 【フォトギャラリー】立教池袋 vs 筑波大附 ▽立教池袋スターティングメンバー GK20 廣瀬涼 DF2 佐藤史啓 DF5 伊藤航汰  DF13 粟国輝 DF4 西澤城太朗 MF7 藤賀公祥 MF6 堀越亮多 MF3 高橋秀斗 MF10 松井浩平 FW19 大西祐輝 FW11 川村空楽 ▽筑波大附スターティングメンバー GK1 神取勇希 DF3 中楯然 DF14 大谷昂平 DF11 上條真央 DF4 洞外隆 MF8 湯浅良太 MF5 本間晧大 MF2 森下海 MF9 日出耕輔 FW19 三浦正和 FW10 木之村智  両校今季初の公式戦はあいにくの雨模様の中で開始された。試合は前半序盤から立教池袋の攻撃となりFW19大西祐輝にボールを集めて果敢にゴールを奪いにいく。すると前半7分、ゴール前でボールを受けたFW19大西祐輝が豪快なミドルシュートを放つと、これがゴール隅に決まり立教池袋が早くも先制点を奪う。その後も立教池袋の積極的な攻撃は続くが追加点が奪えない。一方筑波大附もFW10木之村智へとボールを集めるも最後のシュートがなかなか打てず1-0立教池袋リードで前半終了。  後半も序盤から立教池袋の攻撃となり後半からFW19大西祐輝と交替出場したFW8平澤悠太郎が後半4分にミドルシュートを決めて追加点を奪う。その後は立教池袋の攻撃が続くも筑波大附がしっかり守り切る。筑波大附も少ないチャンスを積極的に攻めるも立教池袋の固い守りを崩す事が出来ない。後半25分過ぎに筑波大附が決定的チャンスを作るも決めきれず最後までゴールを割れず。終始攻撃の手を緩めなかった立教池袋が2-0で完封勝利し2回戦へ進出した。

【関連記事】