Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「1票の格差」統一判断へ 昨夏参院選、大法廷回付 最高裁

配信

時事通信

 「1票の格差」が最大3.00倍だった昨年7月の参院選は違憲だとして、二つの弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(岡村和美裁判長)は1日、審理を大法廷(裁判長・大谷直人長官)に回付した。  早ければ年度内にも統一判断を示す見通し。  焦点は2016年の参院選の最大格差3.08倍から縮小させた埼玉選挙区の定数増をどう評価するか。 

【関連記事】