Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“MSN信仰”がバルサを狂わせた【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER DIGEST Web

メッシこそが伝統を次世代へ引き継ぐための鍵

“MSN信仰”がバルサを狂わせた【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

2014-2015シーズンの3冠達成の原動力となったMSNだが、ピッチ上で披露していたのは3トップ頼みのカウンター。この頃から、バルサらしさは薄れていった。(C) Getty Images

 CL準々決勝でバイエルンに大敗を喫し、12年ぶりに無冠でシーズンを終えたバルサ。かつて最強を誇った彼らは、どこで道を踏み外したのか。スアレス記者は、MSNの幻影を追い続けたことが最大の過ちだったという。(文:ヘスス・スアレス/訳:小宮良之 2020年9月3日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック スペイン』を転載) ―――◆―――◆―――  ポルトガルのリスボンで集中開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)の準々決勝において、バルセロナはバイエルン・ミュンヘンに2-8の大敗を喫した。 「史上最大の屈辱」  翌日のスポーツ紙にはそんな見出しが躍ったが、私はこの結果になんの驚きもない。むしろバルサが勝っていたら、今大会いちばんの番狂わせが起きたと、そう叫んでいただろう。プレーの質と量で、バルサはバイエルンよりも明らかに劣っていたからだ。 「

本文:4,452文字

写真:2
  • ミスから2失点の原因を作ったヴァランヌ(左)だが、S・ラモスがいても結果は変わらなかっただろうと、スアレス記者は持論を展開。(C) Getty Images

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

SOCCER DIGEST Webの有料記事

PayPay残高使えます