Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高校生の妊娠は「かわいそう」でも、性的同意を取るのは「恥ずかしい」。15~24歳のリアル

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

10代でも直面する可能性がある「早すぎる妊娠」「デートDV」「性的同意」について、若者は自分ごととしてどのように考えているのでしょうか。アンケートの結果が公表されました。【BuzzFeed Japan/小林明子】 アンケートは、国際NGOプラン・インターナショナルで活動するユースグループが、同NGOアドボカシーチームと協力して実施。2020年4~5月、15~24歳を対象にインターネットで実施し、544人が回答しました。 ユースグループのメンバーは、日本国内のジェンダー課題への啓発活動などに取り組む中で、ジェンダー不平等や偏見から起こる性暴力や妊娠など、女の子や若い女性が大きな影響を受けていることに注目し、意識や実態を調べることにしたといいます。

1.妊娠した女子高生は「かわいそう、たいへんそう」

妊娠した女子高生にどんなイメージをもっているかを聞いたところ、「かわいそう、たいへんそう」が322人で最多、「悪いことをしているイメージ(みだら、ふしだらなど)」が90人、「なんとも思わない」が80人、「幸せそう」が31人と続きました。 自分や身近な人が望まない妊娠をした場合に、相談先が思いあたると答えたのは、55.2%。女性は母親、男性は父親をあげた割合が高く、同性の親に比較的、相談しやすい傾向が見えました。

ただ、日ごろからパートナーや家族と避妊や妊娠について話すことができているかという質問では、「まったくできていない」(30.0%)と「ほとんどできていない」(25.6%)を合わせると過半数となり、「少しだけできている」(26.7%)「十分にできている」(17.7%)の合計を上回りました。

2.「デートDV」は知っているけど話さない

交際相手から不快な言動を受けたことがあると答えたのは84人で、交際相手がいる・いたことがあると答えた人の22.4%でした。 そのうち67人(79.8%)が女性で、うち19人が「望まない性行為を強要された」と答えました。不快な言動としては他に、モラルハラスメントや、容姿の否定、浮気、暴言、暴力などがあげられました。 交際相手から、身体的な暴力だけでなく、精神的な暴力(バカにされる、無視される)、社会的な暴力(束縛される)、経済的な暴力(デートの費用をいつも払わされる、借りたお金を返さない)、性的な暴力(望まない性的な行為を強いられる)をされることは「デートDV」といわれています。 内閣府の2017年の調査では16.7%が、交際相手からのこうした暴力の「被害経験がある」と答えています。今回のアンケートでは、「デートDV」という言葉を聞いたことがある人は71.3%。学校で習ったという人は42.5%でした。

【関連記事】