Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

渋野日向子、開幕戦予選落ちでも「肉体改造」成果は全英OPで

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SmartFLASH

「オフのあいだ、青木翔コーチとスイングの改造に取り組んでいた。中継を見た限りでは、スイングを大きくいじってきた印象を受けました。パッティングも、かなりスタンスが狭くなっていた」(ゴルフ関係者) 【写真あり】「渋野日向子」初優勝後の地元凱旋時  今オフ中、そして新型コロナウイルスの影響でツアー開幕が延期されたあいだに、渋野日向子(21)は “変化” にトライした。それは冒頭のスイング改造に加えて、もうひとつある。LPGA関係者が語る。 「ツアー活動が再開され始めたころ、ひとりの後ろ姿を見て『この選手は誰だろう……?』と思ったんです。じつは、それが渋野でした。  まるでボルダリングの選手のように、肩から背中にかけて上半身全体の筋肉が盛り上がっていました。当然、バスト周辺も2019年よりもピチッと張りを感じる大きさに成長していましたね」  じつは2019年末から渋野は、新たに契約した斎藤大介トレーナーと肉体改造に着手。 「1回のトレーニングは約90分。重たいものは使わず、瞬発系の動きやバランス重視の内容だそうですが、それでも、彼女が『今までで、いちばん激しい』と言うほど。本人は、『体重が3~4kg増え、飛距離も10ヤードアップした』と胸を張っていました」(専門誌記者)  だが、開幕戦になった「アース・モンダミンカップ」では、まさかの予選落ち。変化が結果に結びついていない。 「体重が増えれば、たしかにパワーはアップしますが、半面、アプローチなどの感覚は鈍くなります。  もともと渋野はアプローチが課題。パワーがついても、繊細さが要求されるアプローチにマイナス効果なら、元も子もない。肉体改造でスイングに悪影響が出た選手はこれまでも大勢いた。復活できないケースも多いんです」  前出のゴルフ関係者もそう話すなど、ゴルファーの筋力強化は、批判的な声は多い。一方で、あるゴルフ記者は「短絡的な指摘」と反論する。 「目標の東京五輪出場権を得るためには、米国ツアーでランキングポイントを稼ぐ必要があると、渋野もわかっていました。距離の長い米国のコースを意識し、『これまでどおりの体では海外での活躍が頭打ちになる』と考えたんです。  2019年は全英女子オープンも、“日本的なコース” だったので対応できました。ですが、8月開催予定の全英女子は海風がとても強い “リンクスコース” が舞台。そこで戦うには、飛距離とともに、風に負けない強いショットを打つことが必要。  いまの渋野の上半身に加えて、下半身にもバランスよく筋力がつけば、問題ない。全英女子を迎える1カ月半後には、この肉体改造が、必ず結果に繋がると思います」  あの名将・野村克也氏は生前、本誌インタビューで、何度もこの金言を残してくれた。 「俺が『こいつ、ようなったなあ』と言うだろ、あれは『こいつ、変わったなあ』と言っているのと同じ。進歩とは、勇気を持って変わることだよ」  競技は違えど、シブコの試みに天国から喜んでいるかもしれない。 写真・アフロスポーツ (週刊FLASH 2020年7月21日号)

【関連記事】