Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『エール』で注目の中村蒼、地方発ドラマでの活躍ぶり際立つ

配信

NEWS ポストセブン

 窪田正孝(31才)が主演を務めるNHK連続テレビ小説『エール』。窪田演じる作曲家・古山裕一の幼なじみ・村野鉄男を演じる中村蒼(29才)に注目が集まっている。中村の魅力について、コラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *  失恋して大酒を飲んで騒いだり、突然「仕事辞めてきた」と福島から上京してきたりと、朝ドラ『エール』の中で、曲が売れないと悩んでばかりいる主人公の古山裕一(窪田正孝)より、親友の鉄男(中村蒼)の方が毎週、人を驚かせている。    その中村蒼は、実は「地方発ドラマ」で輝く俳優でもある。私が最初に注目したのは、2014年の名古屋・中京テレビ制作の『マザーズ』。    自分が特別養子縁組により、養父母に育てられたと知った浪人生健太(中村)が出自を確かめるため、養子縁組をしたNPOを訪ねる。そこには、さまざまな事情で、自分の子を育てられない女性たちがいて、彼女たちの気持ちに触れた彼は、産みの母に会う決心をする。局が長く続ける特別養子縁組ドキュメンタリーの取材実績とドラマスタッフの新たな取材が脚本に取り入れられているため、エピソードはとてもリアル。ドラマの中で健太と同じように養女である少女が養母(室井滋)に言った「何でお母さんは私を生んでくれなかったの?」「お母さんから生まれたかった…」といったセリフに胸打たれた。

 同じ年、中村は地元福岡発の地域ドラマ『いとの森の家』(NHK)にも登場。死刑囚の慰問を続けた実在の女性おハルさん(樹木希林)を描いたドラマで、中村は東京から転校し、おハルさんと知り合う少女の先生役だった。

 その翌年は、『エール』と同じ福島のドラマ『タチアオイの咲く頃に~会津の結婚~』に。戊辰戦争の確執が残るとされる会津の娘美緒(石橋杏奈)が長州・山口出身の婚約者雄太(中村蒼)を連れてきたことで不機嫌になる父(小木茂光)や明るい母(高橋ひとみ)ら家族の物語。小道具に地元の赤べこなども何気なく使われた福島中央テレビが製作した初のドラマだった。

【関連記事】