Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<森七菜>朝ドラ“メガネっ娘”で大ブレークか? 期待できる三つの理由

配信

MANTANWEB

 俳優の窪田正孝さん主演で、3月30日にスタートした2020年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」。約2週間の子役パートを経て、第3週から主人公・古山裕一役の窪田さん、第4週からヒロイン関内音役の二階堂ふみさんが本格登場と、ここから先の物語が気になるところ。そんな中、期待せずにはいられないのが、関内三姉妹の末っ子で、メガネ姿が特徴の関内梅を演じる森七菜さんだ。朝ドラの“メガネっ娘”と聞いて思い出すのが、2015年度後期の「あさが来た」で吉岡里帆さんが演じた田村宜(のぶ)、2017年度前期の「ひよっこ」で松本穂香さんが演じた青天目澄子(なばため・すみこ)。吉岡さんと松本さんは共に、同役を演じたことで知名度をアップさせたが、森さんも続くことができるのだろうか。 【写真特集】森七菜の美少女っぷりがすごい! ボブヘアも可愛い! こんな表情も…

 ◇やっぱり見た目の印象は大事?

 森さんは、昨年1月期に放送された連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)で注目され、新海誠監督の劇場版アニメ「天気の子」ではヒロイン・陽菜の声優を務めた伸び盛りの18歳。月刊情報誌「日経トレンディ」(日経BP社)の「2020年の顔」に選ばれるなど、吉岡さんと松本さんがそれぞれ朝ドラで“メガネっ娘”を演じていたころに比べると、知名度は森さんの方が上だ。

 今年1月公開の岩井俊二監督の新作映画「ラストレター」にも出演し、主題歌「カエルノウタ」で歌手デビューしたことも話題となった。とはいえ森さんも、デビューから3年しかたっておらず、まだまだこれからの若手女優の一人。だからこそ、見た目の印象は大事で、そういった意味でも、朝ドラの“メガネっ娘”梅役はうってつけだ。

 第2週ですでに子供時代の梅の姿(メガネあり)が登場。“チビ梅”役は大ヒットソング「パプリカ」の歌唱で知られる子供ユニット「Foorin(フーリン)」の新津ちせちゃんが務めていた。“チビ梅”は2人の姉の言い争いに冷静に突っ込んだり、「2人とも少し、こういうもんでも読んだら?」と芥川龍之介の「鼻」を薦めたりとおませな文学少女ぶりを披露し、視聴者の反応は上々だった。下地は十分に作られた形で、あとは森さんの登場を待つのみだといえる。

【関連記事】