Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

クロップ、マンCのCL出場を祝福も「正直に言って…」

配信

ゲキサカ

 2年間のUEFA主催大会出場禁止処分が撤回され、来季のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)に出場可能となったマンチェスター・シティ。スポーツ仲裁裁判所(CAS)の判断に対し、リバプールのユルゲン・クロップ監督がコメントした。『スカイスポーツ』や『デイリー・メール』が伝えている。  2012~16年にかけてのスポンサー収入の水増しが発覚したマンチェスター・Cには、UEFAからファイナンシャル・フェアプレー規則(FFP)に抵触したとして、来季から2シーズンにわたるUEFA主催大会への出場禁止と、罰金3000万ユーロ(約36億円)の処分を科された。しかし、マンチェスター・Cはこの裁定を不服としてCASに提訴。すると、処分は罰金1000万ユーロ(約12億円)と減額されただけで、プレミアリーグ2位を確定させたマンチェスター・Cは来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を手に入れることとなった。  CASの判断に対してクロップ監督は、「マンチェスター・Cが来季もCLでプレーできることは嬉しいことだ。彼らの試合が10~12試合少なくなれば、他のチームにはプレミアリーグでチャンスがなくなるだろうからね」と語りつつ、「正直に言って、昨日はフットボールにとって良い日ではなかったと思う」と続けている。 「FFPは良いアイディアだと思っている。チームを守り、競争を守るためにあるんだ。もし、誰も気にしないようになれば、裕福なクラブや国がやりたいようにやり、競争が難しくなってしまう。そうなると、10クラブほどが参加する世界スーパーリーグという考えにつながると思うよ」

【関連記事】