Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

妖怪「アマビエ」に注目 和菓子やTシャツなど関連商品続々 “新型コロナ”退散願い妖怪頼み?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NBS長野放送

今、ある妖怪が注目されています。それは疫病退散の御利益があるとされる「アマビエ」です。新型コロナウイルスが拡大する中、SNSなどで話題になり、長野県内でも関連商品が続々と登場しています。 春の花をかたどった可愛らしい和菓子の「練り切り」。その中にちょっと異質な練り切りが…。伊那市の友野菓子店が先月から作る「アマビエ」の練り切りです。 友野菓子店・友野明子代表: 「アマビエをネットで見た時は、かわいくなくてね、全然。その時はすぐ作る気がしなかったけど、新型コロナで何か疫病退散の意味では面白いかなと」 長い髪に鳥のようなくちばし、魚のような鱗。「アマビエ」は疫病退散の御利益があるとされる半人半魚の妖怪です。新型コロナが拡大する中、SNSなどで話題になり、厚生労働省もキャラクターに起用しています。 友野菓子店・友野明子代表: 「半人半魚ということで、海っぽく水色に」 これまでに80個ほどが売れ、思いのほか好評だったため、先月末から「アマビエパン」も作っています。 購入した客: 「おふくろに買っていこうと。こういう時期だからいいんじゃないか」 店は3月から学校行事やお茶会など大口の注文がキャンセルされるなど、新型コロナの影響を受けています。 友野菓子店・友野明子代表: 「しっかり疫病退治するのに効いてもらいたいと思って作っています。長く作るようじゃ困るけど、5月いっぱい緊急事態が延長されたので、5月いっぱいは作る予定」

一方、こちらは、去年、いち早く「令和Tシャツ」を販売した伊那市の「問屋街」。「Tシャツだけでも明るく元気に」と作ったのが…。 (記者リポート) 「新しい商品はこちら、アマビエTシャツです」 先月14日から販売している「アマビエTシャツ」は白と黒の2種類。ポップなデザインが評判で、すでにおよそ150枚売れているということです。

村役場も「アマビエ」に注目しています。宮田村のイメージキャラクター「みやさん」。村にある聴導犬協会に因み、「犬」をモチーフにしていますが、このほど「アマビエ」に変装したバージョンの「みやビエ」を発表しました。 宮田村みらい創造課・上條雅典課長: 「できれば明るい話題も発信していきたいと思っていたところに、アマビエという妖怪が昔あった。それが今はやっていると話を聞いて、うまく利用できないかと」 村は子ども用の「塗り絵」も用意し、作品を写真投稿サイト「インスタグラム」で公開しています。 宮田村みらい創造課・上條雅典課長: 「アマビエを描くことで疫病を払ってくれる伝説があるということなので、みんなで塗り絵を塗ったり描いたりして、コロナの騒動が早く終息してくれるといい」 苦しいときの「神頼み」ならぬ「妖怪頼み」。一刻も早い終息が願われています。

【関連記事】