Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

《いばらき御朱印めぐり》小美玉・素鵞神社 季節で異なる祭神画

配信

茨城新聞クロスアイ

小美玉市小川古城の素鵞(そが)神社は全国的にも珍しい「祭神画御朱印」と干支(えと)を描いた「神獣画御朱印」を頒布して人気を集めている。色鮮やかに描かれるのは祭神である「素戔嗚尊(すさのおのみこと)」と「櫛稲田姫(くしいなだひめ)」(スサノオノミコトの妻)。ポーズや絵柄などが時期によって異なり、御朱印好きの心をくすぐること請け合いだ。 同神社の創建は1529年、神社近くを流れる園部川に流れ着いた神像を祭ったのが始まり。拝殿には見事な竜やこま犬の彫刻が施され、古社の趣十分。昨年は創建490年を迎えた。 話題を集める御朱印は2017年、「地元の子どもたちに神社に親しんでほしいと始めた」と同神社の木名瀬尚孝宮司はきっかけを話す。 「祭神画御朱印」を始めると、それまで1日数人だった参拝者が、平日でも30人を超え、週末には100人以上が詰めかけ、年間千人を超えるようになった。 「絵を描くのは子どもの時から好きだった」という宮司の次男、貴志権禰宜(ごんねぎ)がイラスト原画を描き、季節ごとにデザインを変えてきた。当初は一つ一つ手描きしていたが、参拝者の急増で間に合わなくなり、原画を複写したものに日付を入れる「書き置き」にした。 「神獣画御朱印」は墨痕鮮やかに描かれた精緻な絵柄が人気で、「子(ね)」「丑(うし)」「寅(とら)」「卯(う)」「午(うま)」がある。 長男の真大禰宜は「大きな神社ではないが、地域に根差した神社なりの『おもてなし』ができれば」と語る。 同社では茨城空港近くの「百里神社」の御朱印も出している。こちらは戦闘機をあしらい、自衛隊員や航空ファンも多く訪れるという。 真大禰宜は「御朱印はお参りしましたという証し。きちんと参拝し、神道や神社への理解を深めていただければ」と話す。 ■メモ アクセス:常磐道石岡ICから国道355号を行方市方面へ進み、田木谷交差点を左折、県道59号横町交差点を右折、県道8号をへて旧小川小の隣。 住所:小美玉市小川古城1658の1 電話:0299(58)0846 受付時間:午前10時~午後4時 御朱印:「祭神画御朱印」「神獣画御朱印」(1000円)のほか、周辺の百里神社、耳守神社、夜刀神社、大宮神社の御朱印も授与。

茨城新聞社

【関連記事】