Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東出昌大、杏との離婚発表後初公の場 長澤まさみと軽快トーク

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 俳優・東出昌大(32)が13日、都内で行われた映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の大ヒット御礼舞台あいさつに参加。今月1日に女優・杏(34)との離婚を発表してから初の公の場に登場した。 【写真】舞台挨拶では満面の笑みを見せる東出昌大  冒頭で東出は「ボクちゃん役の東出です。きょうは劇場に足を運んでいただきまして、ありがとうございます」と感謝を伝え「時間に限りはありますが、最後まで楽しんでいってください」とあいさつ。  また、本作について『プリンス編』とうっかり間違えて発言。長澤まさみから「『プリンセス編』ね」とツッコまれると、東出は「こういうところあるんだよなぁ」と苦笑。リモート出演した小日向文世から「東出くん、顔焼けたね!」と突然、話題を振られると、東出は「画面の問題じゃなく? 急だなぁ~」と笑っていた。  本作は大人気テレビドラマ『コンフィデンスマンJP』の劇場版第2弾。美しきコンフィデンスウーマン・主役のダー子に長澤まさみ、若きコンフィデンスマン・ボクちゃんに東出昌大、百戦錬磨のコンフィデンスマン・リチャードに小日向文世。3人がコンフィデンスマン=信用詐欺師にふんし、欲望にまみれた人間たちから大金を騙し取る痛快エンターテインメントコメディ。今回は大富豪一族の10兆円にもおよぶ莫大なる遺産を狙い、マレーシアの伝説の島“ランカウイ島”で史上最大のコンゲームが行われる。  東出と杏は、1日に所属事務所を通じて正式に離婚していたことを発表。「私事で大変恐縮ですがこの度、私たち夫婦は離婚いたしましたことをここにご報告させていただきます」と報告していた。

【関連記事】