Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

毎年恒例ビル・ゲイツ夏の読書におすすめ5冊+番外編

配信

ライフハッカー[日本版]

コロナ禍ではありますが、5月恒例ビル・ゲイツおすすめの夏に読む5冊が発表されました。 例年は過去1~3年に刊行された本が紹介されることが多いのですが、今年は10年以上も前に発表された作品が2冊ランク入りしています。 アメリカでの刊行年の古いものから紹介します。

1. 『クラウド・アトラス』デイヴィッド・ミッチェル著

2004年に発表されたSFフィクションで、2012年にはトム・ハンクス、ハル・ベリー主演で映画化されています。 本を読まずに映画を観ましたが、よく理解できなかった1本として印象に残っています。 ビルは、興味がある読者は人間の最良の面と最悪の面について描いたこのストーリーに自分と同じようにのめり込むだろうと言っています。 映画はよくわからなかったにしろ、確かに設定やコンセプトには好奇心をそそられるところがあります。 本をじっくり読んでから映画を観たら少しは理解できるでしょうか。

2. 『グレート・インフルエンザ』ジョン・M・バリー著

科学史家のバリーさんが、1918年のインフルエンザ大流行を取り上げた、2005年刊行のノンフィクション。 ゲイツは、コロナ禍に一番近い状況と言える1918年のインフルエンザの状況を知ることで現状をより理解できるようになると言っています。

3. 『The Choice: Embrace the Possible』イーディス・エヴァ・イーガー著

この投稿をInstagramで見る "How do you move on after trauma?...The Choice is partly a memoir and partly a guide to processing trauma...What makes the book exceptional is Edith’s life story: she’s an Auschwitz survivor and a professional therapist. That combination gives her fascinating insight into how people heal."─@thisisbillgates on The Choice by @dr.editheger. . . . #gatesnotes #billgates #thechoice #dreditheger #editheger #inspirationalbooks #bookstagram #amreading #bookish #igreads Scribner Books(@scribnerbooks)がシェアした投稿 - 2020年 5月月19日午前9時51分PDT 2017年刊行。著者のイーディス・エヴァ・イーガーさんは、ハンガリー出身。 10代の時にアウシュビッツに強制収容され、戦後はアメリカへ移住してセラピストになり、兵士や心身虐待の犠牲者などトラウマに苦しむ多くの人たちを支えてきました。 ビルは、この回顧録で語られる彼女の経験から学べることは多く、困難な状況にどう対処するかのアドバイスは多くの人たちの気持ちを癒すだろうと述べています。

【関連記事】