Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「腕を使わずに足で地面を蹴る」 石川遼が目指すスイングはどこが変わった?

配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<JGTO共催ゴルフパートナーエキシビショントーナメント 2日目◇10日◇取手国際ゴルフ倶楽部(茨城県)◇6766ヤード・パー70> 地面を蹴って効率的に飛ばす! 石川遼の最新スイング【連続写真】 「ゴルフパートナーエキシビショントーナメント」の2日目、石川遼は「71」とスコアを伸ばすことができず、トータル5アンダー・35位タイで大会を終えた。セットのPWを抜いてウェッジを4本にするなど、新しいスタイルにチャレンジしている石川。スイングも昨年とは少し感じが変わってきているように見えた。石川に聞いてみた。 「けっこう複雑で難しいんですけど、基本的にやってきていることは変わりません。スイングの再現性を高めるということをずっと取り組んできて、これは生涯変わらないと思う。その中で今はボールの飛ばし方、効率というところを意識して練習しています。これまではかなり腕とか上半身の力に頼っていた。足を使って地面からの力を伝えるようにと、意識してやっています」 スイングの完成度はどのくらいなのか。「練習場やプライベートのラウンドをしているときの2割から3割くらいしか、この2日間はできていなかったですね。緊張とか、闘争心とか、欲とか、いろんな要素がそうさせたと思うんです。その3割の中でもドライバーは全然悪くなかった。良い方向に行っている」と試合の難しさを感じながらも、収穫もあったようだ。 具体的にはどこを変えたのか? 昨年よりも、バックスイングで頭を右に動かす量が減っているようにも見える。 「もともと自分は体重を大きく右から左に移動していくタイプです。バックスイングで頭を右にズラすことは悪くないんですけど、切り返しで左に突っ込んでいってしまうと、ヘッドを走らせることができないので、飛距離のロスにつながる。そこを修正することで、2ヤードくらい変わるんじゃないかと思う」と切り返しからダウンスイング以降で、頭が左への移動するのを少なくしている。 もう1つの変えたポイントは、片山晋呉も取り組んで飛距離を伸ばしている“足の使い方”だ。「足で地面を蹴るということをほとんどやれていなかった。そこでも2ヤードくらい変わる」と石川は考えている。そう言われると、ダウンスイングで一度沈んでから、伸びる動きが大きくなったようにも見える。 左に突っ込まないで2ヤード+足で地面を蹴って2ヤードで合計4ヤード。1ヤードでも遠くに飛ばしたいと考えている、石川らしい表現だった。(文・下村耕平) (撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】