Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マブズのクリスタプス・ポルジンギスは第5戦当日に出場判断へ クリッパーズのパトリック・ベバリーは欠場濃厚か

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NBA Rakuten

ロサンゼルス・クリッパーズとダラス・マーベリックスのプレイオフ1回戦はシリーズ通算2勝2敗で、8月25日(日本時間26日)に第5戦が行われる。マーベリックスの主力であるクリスタプス・ポルジンギスは右膝の痛みで第4戦を欠場したが、リック・カーライルHC(ヘッドコーチ)は試合当日に出場するかどうかの判断を下すと明かした。 『ESPN』のティム・マクマホン記者によると、カーライルHCは「試合は明日(25日)の夜だ。だから、はっきりしたことが分かるのは当日の夕方遅くになるかもしれない」と直前の決定になることを示唆したという。 また、カーライルHCは「試合前日のMRI検査の結果に、試合欠場を決めさせるものは何も出てこなかった。それは良いニュースだ。明日、どんな状態なのか見ないといけない」と続け、出場できる可能性が残されていることにも触れている。 司令塔ルカ・ドンチッチに次ぐ中心選手のポルジンギスは、今季レギュラーシーズンで平均20.4得点、9.5リバウンド、1.8アシストを記録。そしてプレイオフに入って第1戦が14得点、第2戦が23得点、第3戦では34得点、13リバウンドと尻上がりに調子を上げている。ドンチッチへのマークが厳しいだけに、ポルジンギスがいるかいないかはマーベリックスにとって大きなポイントになる。 一方、クリッパーズの故障者である先発ポイントガードのパトリック・ベバリーは、第5戦も欠場濃厚な模様だ。地元紙『ロサンゼルス・タイムズ』のアンドリュー・グリーフ記者は、ドッグ・リバースHCの前日会見のコメントを伝えている。 「ベバリーがプレイできるかもしれないとは聞いていない。これは彼の欠場を意味するものではない。ただ、現状において彼は試合の計画に入れてはいない。だから、我々は試合終盤でタフな決断をしなければいけない」 ベバリーはプレイオフ第1戦で8得点、5リバウンドを記録。しかし、第2戦以降は左ふくらはぎの負傷で欠場を続けており、代役はレジー・ジャクソンとランドリー・シャメットが担っている。 シリーズは一進一退の攻防となっているだけに、主力のコンディションが明暗を分けることになりそうだ。

NBA Rakuten