Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

申請書すら門前払い…「学生支援緊急給付金」めぐる学生の苦悩と大学側の葛藤 西田亮介氏「予算規模の小ささが諸悪の根源」

配信

ABEMA TIMES

 「学生の給付金について調べてほしいです。公明党で奨学金を利用していなくても給付金がもらえると言っていましたが、奨学金を利用していないともらえないのが現状です。奨学金を利用していない人も生活が苦しいのでそれを伝えて欲しいです」 【映像】大学1年生のAさんを取材  ABEMA『ABEMAヒルズ』にTwitter上で寄せられた、新型コロナウイルスの影響で経済的に困窮する学生を支援する「学生支援緊急給付金」に関する声。その実情はどうなっているのか、番組は調査した。

■申請書類すら受け取ってもらえず…1日1食に減らし食費を抑えて勉強

 今年の春に高校を卒業し、夢である消防士を目指して大学に通い始めたAさん。しかしその矢先、新型コロナウイルスがAさんの大学生活に暗い影を落とした。  「4月にバイトの採用が決まっていたんですけど、コロナの影響でそのお店が2カ月くらい休業になってしまって。バイトはやりたいなと思っているんですけど、やっぱりつらい状況ですね」(Aさん)  親元を離れ一人暮らしを始めたAさんは、生活費のほとんどをアルバイト代で工面する予定だった。しかし、想定していたバイト代は得られず、新しいバイト先も見つからず、今は高校時代に貯めたお金を切り崩して生活しているという。

 貯金が底をついてしまったら、どうやって大学生活を続ければいいのか。Aさんが望みを託したのが、国の給付金だった。政府が5月に閣議決定した、経済的に困窮する学生を対象に最大20万円を支給する、「“学びの継続”のための『学生支援緊急給付金』」。約40万人の学生への給付が見込まれている。  給付の主な要件は、生活費や学費をアルバイト収入に頼っていることや、アルバイト収入が前の月に比べ5割以上減ったこと、奨学金など既存の支援制度を利用していることなどの合わせて6つ。学生側が自己申告で申請し、要件を考慮したうえで最終的に大学側が判断する。

 しかし、Aさんは「普通に書類を出しに行ったら『奨学金もらってないの?使ってないの?』と言われて、『使ってません』って言ったら『あーそれやったらダメだね』って。普通に『何で?』っていう疑問しかなかったです」と、奨学金を利用していないという理由で申請書類すら受け取ってもらえなかったという。  Aさんは今、1日1食にして食費を抑えながら生活し、消防士になるための勉強を続けている。  「消防士っていう夢以外考えたことがないので、そこは頑張るしかないなって。みんな同じ境遇なので、仕方ないと思って割り切って、勉強は続けていこうかなって考えています。学生にも、と給付金が出たことはすごくありがたいんですけど、審査が非常に厳しくて。その項目に外れた人もいるということを気付いてほしいというか、なかなかメディアに取り上げられず『学生給付金が出た』というだけのニュースで終わっているので、その間に挟まれた人を助けてほしいということは思います」(同)

【関連記事】