Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020の主役は誰だ。高校サッカーの注目選手特集 MF欠畑魁星(盛岡商業)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

MF欠畑魁星(盛岡商業/3年)  富士市立高の持ち味は、徹底したドリブル練習で身につけた個人技だ。初めてプリンスリーグ東海に昇格した昨年度は名門校が集う静岡の選手権予選で決勝まで進出し、多くの注目を集めた。ドリブルとショートパスを判断良く使い分ける攻撃的なスタイルが目を惹くが、今年のチームの柱となるのはDFリーダーであるDF勝又大翔(3年)。昨年は、静岡国体選抜の一員として、8年ぶり21回目の優勝に貢献した選手だ。 2020の主役は誰だ!?高校サッカー注目プレイヤー特集  中田洋介監督が「欠畑がボールを持つことで攻撃のリズムが生まれる。決定機的なスルーパスも出せるのでうちの武器」が評する通り、今年のチームの生命線と言える存在だ。目標とするのは川崎フロンターレのMF大島遼太。「点も決められるし、仕上げのラストパスも出せる部分に憧れる。大島選手はタッチ数が少ないのも魅力。トラップで相手をかわしたりできる所も好きです」。  1年目からAチームの試合に絡んできた欠畑の経験値は今年のチームで群を抜く。今年は得意とする中盤でのゲームメイクに加え、「昨年はあまり上がらず中盤の底でゲームをコントロールしようと思っていた。点を獲るFWがいたので自分が前に出なくても良かったけど、今年は決定力が不足しているので自分がいかに攻撃に絡めるか、2列目から走れるかが大事だと思っています」と得点への意識が増した。尚志高に挑んだスーパープリンス東北の一戦でも、ゴールこそ奪えなかったが、積極的に前線に顔を出し、チャンスを演出した。彼が躍動する回数が増えれば、自ずとゴールの数も増える。選手権予選でも持ち味を発揮できれば、盛岡商業が本来いなければならない選手権への復帰もついてくるはずだ。 (文・写真=森田将義)

【関連記事】