Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

1億円超の限定GT-Rがサーキットを疾走! 日産「GT-R50 byイタルデザイン」の動画がスゴい

配信

くるまのニュース

限定50台のスーパースポーツカーは2020年後半に納車開始予定

 日産自動車は2020年6月19日、イタリア「イタルデザイン」と共同開発した「Nissan GT-R50 by Italdesign」の限定市販モデルがサーキットで疾走する動画を、日産自動車公式YouTubeチャンネルで公開した。 【動画】排気音も気持ちいい! 日産「GT-R50 byイタルデザイン」をチェック  動画では、イタリアのロンバルディア州チェルヴェジーナにある「タッツィオ・ヌボラーリ・サーキット」で疾走するグリーンの日産GT-R50 byイタルデザインが、1分27秒にわたり収録されている。  日産GT-R50 byイタルデザインは、2018年6月に発表された限定50台のモデルで、GT-Rとイタルデザインがそれぞれ2019年、2018年に生誕50周年を迎えたということを記念して、日産とイタリアのカロッツェリア「イタルデザイン」が共同開発したスーパースポーツカーだ。  GT-R NISMOをベースに開発され、GT3用の大容量・大口径ターボチャージャーと大型インタークーラーを採用する最高出力720ps・最大トルク780Nmの3.8リッターV型6気筒ツインターボ「VR38DETT」エンジンを搭載。足まわりにはビルシュタイン製ダンプトロニック(電子制御連続可変式ダンパー)を採用したサスペンションシステムやブレンボ製ブレーキを採用している。 車両価格は99万ユーロ(税別。日本円で約1億1800万円)で、世界限定50台。2020年後半より納車が開催される予定だ。  日産GT-R50 byイタルデザインは、東京オートサロン2020の日産ブースにも展示されていた。  市販モデルは、2020年3月に開催される予定だったジュネーブモーターショーで展示される予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大によりジュネーブショーが開催中止。2020年5月21日にタッツィオ・ヌボラーリ・サーキットを走行する写真が公開され、開発テストが順調におこなわれていることが示された。

VAGUE編集部

【関連記事】